Archive | August, 2015

Day 5 of WC : Kento makes another history for Japan

世界選手権5日目、桃田賢斗選手が、日本初となる男子シングルスでのメダルを確定させた。ダブルスでも男子は早川賢一・遠藤大由組が2007年の坂本修一・池田信太郎組以来、女子は福万尚子・與猶くるみ組が前田美順・垣岩令佳組に次ぐ2年連続となる、日本勢のメダル獲得を決めた

Continue reading

Day 4 of WC : Unseeded pair Naoko/Kurumi upsets World No.2

世界選手権4日目、女子ダブルスで日本のシード陣が総崩れする中、この日、日本勢最後に登場したノーシードの福万尚子・與猶くるみ組が第2シードの中国ペアを撃破。男子シングルスの桃田賢斗選手、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組とともにベスト8入りを果たした

Continue reading

Day 3 of WC : Never-give-up fighting spirit help Japanese duos survive

世界選手権3日目、日本のダブルス陣が気を吐き、男女合わせて8組すべてベスト16に残った。とりわけ男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組と園田啓悟・嘉村健士組が、今大会の最初の山場である中国ペアとの対戦を逆転勝ちで乗り切ったのは大きい。一方、シングルスの勝ち残りは、桃田賢斗選手と高橋沙也加選手の男女1人ずつとなった

Continue reading

Day 2 of WC : Nozomi makes her bittersweet debut in front of rivals

世界選手権2日目、今年の日本選手団の中で唯一、初出場となった女子シングルスの奥原希望選手が、初戦となる2回戦、タイのポーンティップ・ブラナプラサーツク選手との一戦に臨んだ。現在の日本女子シングルス陣を引っ張る若い力としてともに注目される山口茜選手が、最後の高校総体を優先し出場を辞退したことから、奥原選手に対する期待は膨らんだが、フルゲームの末に敗退。既に世界選手権タイトルを保持するライバル2人と同じ舞台にようやくたどりつくも、白星デビューは果たせなかった

Continue reading

Day 1 of WC : Three former Junior Champs go through to 2nd round

世界選手権が10日、インドネシア・ジャカルタで開幕し、男子シングルス1回戦で、2010~12年に世界ジュニア選手権で優勝したビクター・アクセルセン(デンマーク)、ズルファドリ・ズルキフリ(マレーシア)、桃田賢斗の3選手が勝ち、揃って2回戦に進んだ。とりわけズルキフリ選手は、初の世界選手権挑戦で、いきなり第6シードの台湾チョウ・ティエンチェン選手を破る金星を挙げた

Continue reading