Mumbai 3rd city of IBL welcomes LEE ChongWei

ChongWei plays not only singles but doubles as well ~photo courtesy of IBL

ChongWei plays not only singles but Mixed doubles ~photo courtesy of IBL

インディアンバドミントンリーグ(IBL)一次リーグ第3戦が19~20日、デリー、ラクナウに続く3番目の都市ムンバイで開催され、ここを本拠とするムンバイ・マスターズに世界選手権決勝での負傷により出遅れていたリー・チョンウェイ選手(マレーシア)が加わった

リー選手は、リーグ開幕に先立ち行われた選手獲得オークション〈https://badpal.net/2013/07/24/indian-badminton-league-ready-to-go-with-24-foreign-players/〉で、全選手の中で最高額の13万5,000ドルで『‘落札』’されていて、初戦となったこの日は男子シングルスのみならず、デンマークのティネ・バウン選手と組み混合ダブルスにも出場。勝ち星2つを上げチームの勝利に貢献した

一次リーグ第3戦の結果

プネー・ピストンズ(2勝1敗)1-4ハイデラバード・ホットショッツ(2勝1敗)

【男子シングルス】 グエン・ティエンミン(ベトナム)〈19-21,8-21〉アジャイ・ジャヤラム(インド)

【女子シングルス】 ユリアン・シェンク(ドイツ)〈21-17,19-21,6-11〉サイナ・ネワル(インド)

【男子ダブルス】 ルペシュ・クマール/サナベ・トーマス(インド)〈19-21,16-21〉リム・キムワー/ゴー・ウェイシェム(マレーシア)

【男子シングルス】 ソウラブ・ヴァルマ(インド)〈17-21,18-21〉タノンサク・サエンソンプーンサック(タイ)

【混合ダブルス】 ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/アシュウィニ・ポンナッパ〈デンマーク/インド)〈21-11,21-14〉ゴー・ウェイシェム/プラデニャ・ガドレ(マレーシア/インド)

 

◆ムンバイ・マスターズ(2勝1敗)4-1デリー・スマッシャーズ(1勝2敗)

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア)〈21-12,21-16〉ダレン・リュー(マレーシア)

【女子シングルス】 ティネ・バウン(デンマーク)〈21-11,21-13〉アルンドハティ・パンタワネ(インド)

【男子ダブルス】 B.スミート・レディー/マヌ・アトリ(インド)〈21-14,15-21,7-11〉クー・ケンケット/タン・ブンヒョン(マレーシア)

【男子シングルス】 マーク・ツイブラー(ドイツ)〈18-21,21-10,11-9〉サイ・プラニース(インド)

【混合ダブルス】 リー・チョンウェイ/ティネ・バウン(マレーシア/デンマーク)〈21-18,15-21,11-5〉V.ディジュ/プラジャクタ・サワント(インド)

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: