Japan can not reach top of the World defeated by China

Team China : ‘We learned a lot from defeat in Asian Junior’

世界ジュニア選手権男女混合団体戦の決勝、日本は、7月のアジアジュニア選手権決勝で3対0と完勝した中国と再戦し、最終の第5試合ファイナルゲームのマッチポイントまでもつれる熱戦となったが、優勝まであと1点と迫りながら決め切れず、初の世界タイトルには手が届かなかった。女子シングルスで奥原希望選手が敗れたのが誤算となった。中国は、アジアジュニア選手権の雪辱をはたすとともに、2000年にスタートした男女混合団体戦で、韓国に敗れた2006年と不参加だった前回2011年の台湾大会を除いて、世界ジュニア通算8勝目をあげた

Yuki KANEKO/Takuto INOUE overcame tough match

第1試合の男子ダブルスは、金子祐樹・井上拓斗組が第1ゲームを取り、第2ゲームも序盤は7-4とリードする。しかし中盤12-12で追い付かれると、中国ペアに連続得点を許してしまいこのゲームを落とす。ファイナルゲームも開始早々、1-6と引き離されるが、それ以上離されずについていき9-11で前半を折り返すと、後半は一進一退の攻防になり、先にマッチポイントを2度握られながら、最後は23-21と逆転勝ちを収めた

試合後、金子、井上両選手はそれぞれ、「まだ手が震えている」「勝ててよかった」と興奮冷めやらぬ様子でBadPaL に感想を語った。試合全体を振り返ると、「(第1ゲームを取った後、)第2ゲーム、リードしていながら追いつかれた。あそこで勝っておかなければいけなかった」(井上選手)という。ファイナルゲームに入り、出だしで1-6と大きくリードされたが、「前半で9-11まで追いつけたのが良かった。5-11ぐらいだったら負けていたと思う」(金子選手)と述べた。ファイナルの終盤、追いついても1点先行される緊迫した展開が続いたが、「やばいと思っていた」「弱気だった」と精神的に追い込まれていたことを認めた。それでも何とかトップバッターとしての役割を果たし、後に控えるチームメートに「がんばって。たのむ」(金子選手)との言葉を送った

Nozomi failed to earn a point for Team

第2試合は、日本のポイントゲッターの1人に位置付けられている女子シングルスの奥原選手。男子ダブルスの劇的な勝利の後を受け、勢いに乗りたいところだったが、長身のスン・ユ選手のコート奥を執拗についてくる配球に手を焼き、13-13から抜け出されて17-21で第1ゲームを落とす。第2ゲームもやはり13-13から一気に突き放されると、追いすがることすら叶わず、14-21と内容的にも完敗した

Kento proved his mental strength

1勝1敗と試合を振り出しに戻されて第3試合に登場したのは男子シングルスの桃田賢斗選手。相手はアジアジュニア選手権決勝で下したシュエ・ソン選手だったが、前日、桃田選手自ら警戒感を示していた通り、いきなり第1ゲームを奪われる。第2ゲームもスピードのあるシュエ選手に翻弄され、4-11で前半を折り返す。その後も流れを変えられず4-14と一時は10点差をつけられる。桃田選手も徐々に点数を重ねていくが、序盤についた点差はあまりに大きく、14-19と追い詰められ、見ている多くの人はほぼあきらめかけた。しかし、ここから桃田選手が驚異的な集中力を見せ、シュエ選手のミスも誘い7連続得点を上げ、土壇場でこのゲームをひっくり返す。ファイナルゲームは、スピードが落ちたとはいえシュエ選手が先行する形で試合は進み、桃田選手は3点ビハインドでインターバルを迎える。ただ後半追い上げ、16-16で追いつくと、その後は1点を取り合う展開となり、最後まで攻め続けた桃田選手が21-19で勝利をもぎとった

桃田選手は試合直後、取材に応じ、最大10点差がついた第2ゲームについて、「無理だと思うことが何度もあった」と認めた上で、「応援してくれるみんなの声が聞こえてきてがんばることができた」と明かした。1時間余り続いた試合に決着をつけたファイナルゲーム最後の場面は、「最後は技術ではない。足も呼吸もきつかったので、気持ちでいった」と明確に語った

Chinese WD is too strong

日本は、桃田選手の勝利で2対1と王手をかけて女子ダブルスに臨んだが、この種目では中国のホワン・ヤチオン/ユー・シャオハン組が実力的にはるかに上で、櫻本絢子・星千智組の挑戦を6-21,7-21のストレートで退け、勝敗の行方は最終5試合目の混合ダブルスにもちこまれた

The youngest Akane does not play alone but with team mates

日本はこの決勝、混合ダブルスに大学生の古賀輝選手と中学生の山口茜選手のペアをエントリー。世界大会の決勝、しかもチームの勝敗を決める大事な試合ということで、若い山口選手への精神的な影響が懸念された。中国ペアも当然、山口選手に攻撃を集中してきたが、レシーブやネット際など随所に非凡さを見せ、不安をのぞかせていたサーブも次第に落ち着くようになり、まだ粗さの残る中国ペアと互角の試合を展開する

End of the road to World champ

1ゲームずつを取り合い迎えたファイナルゲームも競り合いとなり、終盤18-16とリードする。ところがここから中国ペアに4連続得点を許してしまい、先に18-20とマッチポイントを握られる。それでもあきらめない古賀・山口組は、チームや観客の声援をバックに3連続得点を決め、21-20と逆にマッチポイントを奪い返す。しかし負けるわけにはいかないのは中国ペアも同じ。集中力を発揮し、21-22と2つ目のマッチポイントをつかむ。この窮地を凌いで22-22に追い付いた日本ペアだったが、さらに1点を加えられると、最後は日本ペアの放ったショットがバックラインを越え、5種目合わせて5時間に及んだ熱戦に終止符がうたれた

◆日本2対3中国

【男子ダブルス】 金子祐樹・井上拓斗〈21-17,17-21,23-21〉ツァン・ニンイ/リュウ・ユーチェン

【女子シングルス】 奥原希望〈17-21,14-21〉スン・ユ

【男子シングルス】 桃田賢斗〈19-21,21-19,21-19〉シュエ・ソン

【女子ダブルス】 櫻本絢子・星千智〈6-21,7-21〉ホワン・ヤチオン/ユー・シャオハン

【混合ダブルス】 古賀輝・山口茜〈15-21,21-19,22-24〉ワン・イーリュ/チェン・チンチェン

決勝に出場した中国チームの8選手と監督が表彰式を終えた後、そろって記者会見に臨んだ。チン・ユー監督は、「チーム一丸となって試合に臨み勝てたことを、選手に感謝したい」と述べた、この大会に入るに当たっては、男子シングルスのシュエ・ソン選手が、「アジアジュニアで負けて日本チームに学ぶことが多く、そこからトレーニングを積んできた」と説明。敗戦を糧として今回の優勝をつかみ取れたとの認識を示した

団体戦に続いて行われる個人戦への抱負について尋ねると、チン監督が代表して、「世界のレベルが相当上がっているので接戦になる。自分を信じて力を発揮できた者が勝つと思うので、各選手にはそれを期待したい」と答えた

Wanted to be World champion in Japan

一方、日本チームで決勝に出場した8選手からは、「日本開催の大会で優勝を狙っていたので、準優勝は悔しい」という声が多く聞かれた。とりわけ決勝で敗れ、チームに貢献できず悔しい思いをした奥原選手は、個人戦で借りを返すと意気込んでいる。また、緊張する場面で想像以上の活躍を見せた山口選手だが、「最後の1点が取れずに悔しい」と反省の言葉を口にした

団体戦最終日のこの日、参加30カ国・地域の順位が以下の通りに確定した(1~4位まで表彰)。1日はさんで、30日から11月3日までは個人戦が行われる

【1~2位】 中国〈3-2〉日本

【3~4位】 韓国〈3-0〉インドネシア

【5~6位】 台湾〈3-0〉マレーシア

【7~8位】 タイ〈3-2〉香港

【9~10位】 インド〈3-0〉ドイツ

【11~12位】 シンガポール〈3-0〉オランダ

【13~14位】 フィリピン〈3-1〉ベトナム

【15~16位】 英国〈3-2〉ロシア

【17~18位】 フランス〈3-1〉フィンランド

【19~20位】 オーストラリア〈3-1〉アメリカ

【21~22位】 カナダ〈3-0〉ベルギー

【23~24位】 トルコ〈3-0〉スリランカ

【25~26位】 チェコ〈3-2〉アイルランド

【27~28位】 ブルガリア〈3-0〉南アフリカ

【29~30位】 ウクライナ〈3-0〉ウズベキスタン

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: