Archive | September, 2012

Another international star leaves from Japan Open

ジャパンオープンSS準々決勝、男子シングルスで、1回戦で姿を消したデンマークのピーター・ゲード選手に続いて、四天王の1人に位置付けられるインドネシアのタウフィック・ヒダヤット選手が、チームメイトのシモン・サントソ選手に敗れ、最後のジャパンオープンを終えた Advertisements

Continue reading

3-singles and 10-doubles of Japan reach to SS QuarterFinals

ジャパンオープンSS2回戦、日本選手は男子シングルス1人、女子シングルス2人、男子ダブルス4組、女子ダブルス3組、混合ダブルス3組がベスト8入りを果たした

Continue reading

Farewell Peter, 35 years old ends his last Japan Open in first round

ジャパンオープンスーパーシリーズ(SS)本戦が19日にスタート。各種目の1回戦が行われ、男子シングルスで年内の引退を表明しているデンマークの35歳、ピーター・ゲード選手がよもやの初戦敗退。早々に日本のコートを後にした 幕引きはあっけなく訪れた。ゲード選手は、選手活動を長年支援してきたヨネックスが冠スポンサーを務め、1998、99年と連覇を果たしたこの大会に強い思い入れがある。数週間前に遭遇した交通事故で左手首を骨折。その影響から体が思うように動かない状態で強行出場したが、前週チャイナマスターズSS準優勝で自信を得た香港フ・ユン選手を下すのは容易でなく、11-21,20-22とストレート負けを喫した

Continue reading

HAYAKAWA/ENDO can not stop China’s clean sweep

チャイナマスターズSS決勝、早川賢一・遠藤大由組は、今後の中国男子ダブルス界をけん引する役割も期待されるツァン・ナン/チャイ・ビアオ組にストレートで敗退。SS初制覇はお預けとなった。日本選手で過去に上位大会のSSで優勝したのは、女子ダブルスの末綱聡子・前田美順組(2010年デンマークオープンSS、2011年インドオープンSS)と男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組(2011年インドオープンSS)のみ 第1シードに入った早川・遠藤組は、7月のUSオープングランプリ(GP)ゴールドに続く今年2勝目を狙ったが、第1、第2ゲームともに実力ある中国ペアに振り切られた。

Continue reading

HAYAKAWA/ENDO to aim for SuperSeries title

チャイナマスターズSS準決勝、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組は、タイのエースに成長したマニーポン・ジョンジット/ボディン・イサラ組を相手に、今大会初めてゲームを落とすも、最後はしっかりと締めて快勝。SS初タイトルをかけて、決勝でロンドン五輪混合ダブルス金メダルのツァン・ナン選手が男子ダブルス世界6位のチャイ・ビアオ選手と組む若き中国ペアと対戦する 女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組は、第1ゲーム序盤、中国ペアをリードするも逆転され、中盤以降は追い付けなかった。第2ゲームに入っても相手に渡った流れを変えることはできず、ストレートで敗れた

Continue reading