Indonesian top pair suspended after Koreans due to Olympic scandal

Indonesians face lighter punishment than Koreans @archives

インドネシアバドミントン協会(PBSI)は4日、ロンドン五輪で失格処分となった女子ダブルスのグレイシア・ポリー/メイリアナ・ジャウハリ組とコーチのパウルス・フィルマン氏に対し、インドネシア独自の判断として12月3日までの活動停止処分を科すことを決定した。オリンピック終了時から数えて4カ月間の処分となるが、先に処分を決定した韓国の6カ月間(コーチは4年間)より短いものとなった

グレイシア・ポリー、メイリアナ・ジャウハリ両選手は異議申し立ての権利を有するため、処分が確定するのはその後になる

ロンドン五輪決勝トーナメント進出が決まった後の一次リーグ最終戦、全力でプレーしなかったとして世界バドミントン連盟(BWF)から失格処分を受け、オリンピアンの資格をはく奪されたのは、中国、韓国、インドネシアの女子ダブルス代表、合わせて4組。このうち、オリンピック終了後、自国で最初に処分を下したのは韓国だった。韓国バドミントン協会(BKA)は国際オリンピック委員会(IOC)からの強い調査要請を受け、キム・ミンジョン/ハ・ジョンウン組とキム・ハナ/チョン・ギョンウン組に2年間の国内外の試合出場停止処分を決めた。その後、4選手からの訴えを受け、期間を6カ月に短縮した

一方、騒動の口火を切った格好になった中国のユー・ヤン/ワン・シャオリー組に対し、中国バドミントン協会(CBA)はこれまでのところ何ら処分を下していない。ユー・ヤン選手は当初、謝罪した後、BWFの対応への不満を口にすると同時に、現役引退をほのめかしていた。しかし、5つの金メダルとともに中国に凱旋帰国したヘッドコーチのリ・ヨンボ氏が、選手にはこれ以上、責任を負わせないと述べ、引退を撤回させた。事実、ユー・ヤン、ワン・シャオリー両選手は既に、8月末からスタートした国内クラブ対抗戦「中国バドミントンスーパーリーグ(CBSL)」に、それぞれ所属する遼寧チームと湖北チームから出場している

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: