HAYAKAWA/ENDO saves Team Liaoning against Team Beijing

中国バドミントンスーパーリーグ(CBSL)第1節第4試合、遼寧チームの早川賢一・遠藤大由組は、混合ダブルスと女子シングルスを遼寧、男子シングルスと女子ダブルスを北京がそれぞれ取り合い、2対2となった勝敗を決する大事な場面に登場し、北京チームのユー・シャオユ/バオ・ツィロン組をストレート(21-15,21-14)で下し、チームを勝利に導いた。中国リーグ3戦目の早川・遠藤組は、通算成績を2勝1敗とした

この日の注目は、北区トップの青島チームと浙江チームの対戦。女子シングルスで青島の外国人助っ人、インタノン・ラッチャノク選手が2010年世界選手権覇者、浙江のワン・リン選手に逆転勝ち(8-21,21-9,21-18)し、リーグ開幕以来の全勝を守ると、チームメイトのロンドン五輪混合ダブルス銀メダル、マー・ジン選手が女子ダブルスと混合ダブルスで勝利。青島が土つかずの4勝目を上げた。浙江はリー・チョンウェイ選手が上げた男子シングルスの1勝にとどまった

南区では、ここまで全勝の湖南チームと広州チームが激突。広州は頼みのタウフィック・ヒダヤット選手が湖南のドン・シュアイ選手に15-21,21-16,8-21で敗れるなど精彩を欠き、初の1敗を喫した

八一対上海の試合では、リン・ダン選手とチェン・ロン選手の両チーム男子シングルスのエース同士の対戦が期待されたが、リン・ダン選手が出場せず。上海はチェン・ロン選手とロンドン五輪女子シングルス銀メダルのワン・イーハン選手で2勝するが、ダブルス3種目を落とし、2対3で敗れた

6日の第1節第4試合の結果

【北区】

青島(4勝)〈4―1〉浙江(2勝2敗)

遼寧(3勝1敗)〈3―2〉北京(1勝3敗)

湖北(1勝3敗)〈3―2〉江蘇(1勝3敗)

【南区】

湖南(4勝)〈4―1〉広州(3勝1敗)

広東(2勝2敗)〈4―1〉四川(1勝3敗)

八一(2勝2敗)〈3―2〉上海(4敗)

 

8日に行われる第1節第5試合の組み合わせは以下の通り

【北区】

青島(4勝)対湖北(1勝3敗)、遼寧(3勝1敗)対浙江(2勝2敗)、北京(1勝3敗)対江蘇(1勝3敗)

【南区】

湖南(4勝)対八一(2勝2敗)、広州(3勝1敗)対広東(2勝2敗)、四川(1勝3敗)対上海(4敗)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s