Takuma to face local star TienMinh in Final

Rematch of Thomas Cup in May

ベトナムオープンGP準決勝、男子シングルスの上田拓馬選手が、格上のディオニシウム・ハヨム・ルンバカ選手(インドネシア)を下した。この大会での日本勢の決勝進出は、昨年の佐々木翔、今別府香里両選手に続き、2年連続

ネット際の取り合いが続いたこの試合、上田選手が抜群のボールコントロールでリードし、第1ゲームを21-17で奪う。第2ゲームに入っても上田選手が試合を支配。思うようにプレーできないルンバカ選手はラケットを壊すなどいらだちを隠せず、前半を11-3の大差で折り返す。しかしインターバル直後、ルンバカ選手の追い上げに遭い、上田選手のミスも重なって13-13と追い付かれてしまう。それでも、ここから気持ちを入れ直した上田選手が着実に点差を広げ、21-16で勝利。決勝進出を決めた

上田選手は試合後、BadPaL の取材に応じ、ルンバカ選手には5月のトマス杯で勝利〈https://badpal.net/2012/05/24/japan-secures-both-thomas-and-uber-medals/〉したことが自信になっていたと述べた。第2ゲーム後半、一気に追い付かれた場面については、「11-3と大差がついたことで少し油断があった」と認め、「ルンバカ選手が気持ちを切り替えて向かってきたことであせってしまった」と振り返った。それでも「追い付かれてからは、第1ゲームを取っていて負けているわけではないと、こちらも気持ちを入れ直して臨めた」と説明。トマス杯の対戦時と似たような状況にあったことを明かした

Local star never make spectators disappointed

決勝の相手は、地元観衆の期待とプレッシャーを背に、ソニー・ドゥイ・クンチョロ選手(インドネシア)にゲームポイント(17-20)を握られた状態から追い付き、最後は28-26で勝利したグエン・ティエンミン選手。2年連続4回目の優勝を狙う地元のスターとの対戦は、完全アウェーの状況が予想されるが、上田選手は「アウェーでの試合はこれまであまり経験がないが、自分の観客だと思っていきたい」と述べた

一方で上田選手は、ロンドン五輪に直接触れたことで、タイトル獲得に強い意欲を見せる。五輪会場で、大会の雰囲気や出場選手の気合いの入り方がほかとはまったく違うと感じ、選手としてこの場に立ちたいと思ったという。そのためにまず「何でもいいからタイトルを」と強調。その上で、「世界ランクを上げてスーパーシリーズ(SS)に出られるようにしたい」と意気込みを語った

各種目準決勝の結果

【男子シングルス】

グエン・ティエンミン(ベトナム、世界14位)〈21-15,28-26〉ソニー・ドゥイ・クンチョロ(インドネシア、世界28位)

ディオニシウス・ハヨム・ルンバカ(インドネシア、世界20位)〈17-21,16-21〉上田拓馬(世界35位)

【女子シングルス】

ポーンティップ・ブラナプラサーツク(タイ、世界17位)〈21-13,18-21,21-16〉ブサナン・ウンバンルンパン(タイ、世界76位)

サプシリー・タエラッタナチャイ(タイ、世界34位)〈21-15,16-21,16-21〉リンダウェニ・ファネトリ(インドネシア、世界74位)

【男子ダブルス】

キム・キジュン/キム・サラン(韓国、世界17位)〈16-21,21-15,19-21〉ヨハネス・レンディ・スギアルト/アフィアト・ユリス・ウィラワン(インドネシア、世界49位)

マニーポン・ジョンジット/ボディン・イサラ(タイ、世界16位)〈21-11,21-13〉リッキー・カランダ・ スワルディ/ムハンマド・ウリヌハ(インドネシア、世界32位)

【女子ダブルス】

ピア・ゼバディア・ベルナデス/リズキ・アメリア・プラディプタ(インドネシア、世界52位)〈21-18,21-18〉チェン・ユーチン/ウー・ティジュン(台湾)

グ・フイリン/グ・フイアン(マレーシア、世界35位)〈18-21,21-14,21-10〉ポーンティップ・ブラナプラサーツク/ブサナン・ウンバンルンパン(タイ)

【混合ダブルス】

フラン・クルニアワン/シェンディ・プスパ・イ ラワティ(インドネシア、世界28位)〈21-23,20-22〉タン・アイククアン/ライ・ペイジン(マレーシア、世界42位)

オン・ジアングオ/リム・インルー(マレーシア、世界53位)〈21-10,15-21,18-21〉マルキス・キド/ピア・ゼバディア・ベルナデス(インドネシア、世界97位)

 

決勝の組み合わせは以下の通り

【男子シングルス】 グエン・ティエンミン(ベトナム、世界14位)対上田拓馬(世界35位)

【女子シングルス】 ポーンティップ・ブラナプラサーツク(タイ、世界17位)対リンダウェニ・ファネトリ(インドネシア、世界74位)

【男子ダブルス】 マニーポン・ジョンジット/ボディン・イサラ(タイ、世界16位)対ヨハネス・レンディ・スギアルト/アフィアト・ユリス・ウィラワン(インドネシア、世界49位)

【女子ダブルス】 グ・フイリン/グ・フイアン(マレーシア、世界35位)対ピア・ゼバディア・ベルナデス/リズキ・アメリア・プラディプタ(インドネシア、世界52位)

【混合ダブルス】 タン・アイククアン/ライ・ペイジン(マレーシア、世界42位)対マルキス・キド/ピア・ゼバディア・ベルナデス(インドネシア、世界97位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: