Post-Olympic challenge begins in Singapore,Vietnam,China then Japan

ロンドン五輪が12日閉幕したが、バドミントン競技の選手は間もなく、次なる目標に向け始動する

日本では、約1カ月後に迫ったジャパンオープンスーパーシリーズ(SS)を前に、まず4年に1度の一大イベントを終えたばかりの代表選手に先立ち、五輪出場を逃した選手や4年後を目指す若手選手らが今月、シンガポールインターナショナルシリーズ(14~18日)、ベトナムオープングランプリ(GP、21~26日)に参戦する

このうち、ベトナムオープンと翌月のチャイナマスターズSS(9月11~16日)に出場する2016年リオデジャネイロ五輪での活躍が期待される桃田賢斗奥原希望両選手には、ジャパンオープンに加えて、自国開催のもう1つの重要な大会、世界ジュニア選手権(10月25日~11月3日)が控える

五輪代表組11人の中では、ジャパンオープンの前週に行われるチャイナマスターズSSにエントリーしている田児賢一選手が国際大会復帰一番手となりそうだ。ジャパンオープンが凱旋試合となる藤井瑞希・垣岩令佳組を含む残り10人は国際大会には出場せず、一部が全日本社会人選手権(9月7~12日)を経て、9月18日の開幕を迎える

It’s time to focus on domestic league for Chinese medalists

一方、ロンドンで金メダルに輝いたリン・ダン選手、リ・シュエリ選手、カイ・ユン/フー・ハイファン組、ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組、ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組をはじめとする中国の主力選手は、左ひざじん帯断裂によりドイツで手術を受けたワン・シン選手を除き、今月末から始まる国内のチーム対抗戦「中国スーパーリーグ」で実戦のコートに戻ってくる

12月まで続くスーパーリーグには外国選手枠が設けられており、今回はマレーシアからリー・チョンウェイ選手とクー・ケンケット/タン・ブンヒョン組、インドネシアからタウフィック・ヒダヤット選手とモハンマド・アーサン/ボナ・セプタノ組、タイから17歳のラッチャノク・インタノン選手といったアジアのオリンピアンが、助っ人として参戦する予定だ

中国トップ選手の国際試合復帰は、自国開催のチャイナマスターズSS。ただしその後は国内のスーパーリーグ開催期間中ということもあり、世界ランク上位選手の出場が義務付けられているSSプレミアを除き、年内はジャパンオープンを含む国際大会への出場を控えてくることが予想される

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: