SUETSUNA/MAEDA secures medal of WorldChampionships

Joyful moment, but still 2matches to go

世界選手権5日目、各種目の準々決勝が行われ、日本選手では、女子ダブルスの末綱聡子・前田美順組が勝ち、この時点でメダルを確定させた。世界選手権でのメダル獲得は、2007年の男子ダブルス(坂本・池田組)と女子ダブルス(小椋・潮田組)のダブル銅メダル以来となる

相手は、男女混合国別対抗戦スディルマンカップで日本チームのメダル獲得を事実上阻んだ、インドネシアのトップペア、グレイシア・ポリー/メイリアナ・ジャウハリ組(世界8位)。第1ゲームは末綱・前田組が中盤以降に抜け出し21-15で先取。第2ゲームに入るとインドネシアペアの粘りに遭い、9-4とリードした場面から7連続失点で一時は逆転を許す。ただその後徐々に挽回し、最後は21-17で勝利を手にした

末綱、前田両選手は試合後、「反省点がある」としながらも、世界選手権という最高の舞台でメダルを取れたことへの喜びを表現した。末綱選手は、「今大会の組み合わせにはメダル獲得のチャンスがあると思っていた」と説明。その上で、好機を実際にものにできたことを自ら評価した。また今大会、最低限の目標として「メダル獲得」を掲げていたが、密かに一番いい色のメダルを狙ってきていることを明かした。前田選手も、きょうの反省点を修正しながらあすに臨むと準決勝への意欲を語った

なお五輪の前哨戦との位置付けにある今大会には、海外で開催される大会では珍しく、日本の大手メディアが複数、取材に訪れている。ただ末綱選手は、「注目されているとは思っていなくて、あくまでマイペース」。いつもと何も変わらないことを強調した

一方、藤井瑞希・垣岩令佳組(世界4位)は中国のツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組に16-21,10-21、松尾静香・内藤真実組(世界6位)は同じく中国のユー・ヤン/ワン・シャオリ組に13-21,12-21と、いずれもストレートで敗れ、メダルには手が届かなかった

One more step in one more year

男子シングルスの佐々木翔選手の相手は、今年に入り既に何度も対戦している中国のエース、リン・ダン選手。前回対戦したインドネシアオープンスーパーシリーズ(SS)プレミアでは、研究と実践の積み重ねの結果として念願の初勝利を挙げ、自信をつけて試合に臨んだ。しかし今回は、佐々木選手自ら試合後に、「相手の仕上がりが想像以上だった」と語ったように、リン選手の出来が非常に良く、何とか食らいついていこうとするものの再三にわたって突き放され、14-21,16-21で敗れた

佐々木選手によれば、これまでにない驚くようなショットがあったという。さらに、ネット前で「リン・ダンにしかできない」(舛田圭太コーチ)スピードを見せられ、ネット際での勝負をためらわさせるプレッシャーも与えられていたようだ。舛田コーチは、このところ中国のトップ選手を次々と倒している佐々木選手に対する研究が、中国チームの中で進んでいると話した

佐々木選手は、リン選手の大舞台での強さをあらためて認めた上で、「方向性は間違っていない」とし、もう1つ高いレベルを想定して練習に励みそこで勝てるようにしたいと、1年後に同じ会場で行われるロンドン五輪を見据えた抱負を語った

一方のリン・ダン選手は、佐々木選手個人に対するコメントは避けたものの、重要な大会である世界選手権にはほかの大会より万全な準備と強い気持ちで臨んでいると述べ、これまでに3度の優勝経験がある今大会への強い意気込みを感じさせた

昨年のフランス・パリ大会では5種目完全制覇を成し遂げた中国だが、今年はほかの国・地域の選手に足元をすくわれている。1回戦で敗れた男子シングルス第5シードのチェン・ロン選手を筆頭に、男子シングルス第8シードのドゥ・ペンユ選手、女子シングルス第4シードのジアン・ヤンジャオ選手がベスト8に届かず姿を消した

Taiwanese girl stops the best ‘WANG’ of China

この日は女子シングルスで、世界ランク1位、優勝候補筆頭の中国ワン・シーシャン選手が、台湾のチェン・シャオチエ選手にストレート負け(16-21,17-21)する波乱があった。ただしチェン選手は、小柄ながら巧みな技術と驚異的なねばりでこれまで何度も中国選手をはじめとする世界の強豪を打ち破ってきている実力者。この日の試合でも随所に彼女らしさを見せ、ウェンブリーの観衆を味方につけた

準決勝の対戦カードは以下の通り

【男子シングルス】

リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)対チェン・ジン(中国、世界6位※前回優勝者

リン・ダン(中国、世界2位)対ピーター・ゲード(デンマーク、世界3位)

【女子シングルス】

ワン・イーハン(中国、世界2位)対ワン・シ ン(中国、世界3位)

チェン・シャオチエ(台湾、世界8位)対ユリアン・シェンク(ドイツ、世界10位)

【男子ダブルス】

カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界1位※前回優勝者)対チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組(韓国、世界3位)

コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国、世界5位)対モハンマド・アーサン/ボナ・セプタノ組(インドネシア、世界7位)

【女子ダブルス】

ユー・ヤン/ワン・シャオリ組(中国、世界1位※ユー選手は前回優勝者)対末綱聡子・前田美順組(世界2位)

ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(中国、世界7位)対ジュワラ・グッタ/アシュウィニ・ポンナッパ組(インド)

【混合ダブルス】

ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組(中国、世界1位)対シュー・チェン/マー・ジン組(中国、世界16位※マー選手は前回優勝者

タントウィ・アーマド/リリアナ・ ナッチル組(インドネシア、世界4位)対クリス・アドコック/イモジェン・バンキア組(英国/スコットランド、世界18位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: