One man and 3-pair of women still survive

世界選手権4日目、各種目でベスト8入りをかけた試合が行われた

日本勢では、男子シングルスの佐々木翔選手が、前日、山田和司選手を破って勝ち上がってきた中国のドゥ・ペンユ選手をフルゲームの末に下し、準々決勝に進んだ

Chinese killer, again!

佐々木選手は、ドゥ選手の堅実なプレーの前に第1ゲームを10-21の大差で落とし、第2ゲームも追い詰められる。しかし、舛田圭太コーチらとともに中国選手対策を練り上げ、今年に入りそれが確実に結果に結びついている自信を背景に、粘り強く我慢のプレーを続けた結果、このゲームを接戦の末、24-22で奪い返す。ファイナルゲームに入ると、ドゥ選手は動きが止まりミスショットを連発。スタミナで勝る佐々木選手が21-10と完勝した

佐々木選手は試合後、BadPaL に対し、「世界選手権の準々決勝という注目される舞台で試合をできるのは、バドミントン選手として最高に輝ける機会」と、素直に喜びを表現した。準々決勝の相手は、最近、頻繁に対戦し、インドネシアオープンスーパーシリーズ(SS)プレミアで初勝利を収めた中国のエース、リン・ダン選手(世界2位)。北京五輪金メダリストで世界選手権も過去3度制覇している強豪中の強豪だが、結果を気にせず思い切り戦う覚悟を見せた。その一方で、このところ、リン・ダン選手のほか、昨年の世界選手権覇者チェン・ジン選手など、中国のトップ選手に相次いで勝利していることで、中国男子シングルス陣から研究されているとの認識を示した。ただ、「こちらも日々進歩しており、研究されたからといって簡単にはやられない」と自信ものぞかせた

World No.2 deny another Japanese pair

日本からエントリーした4ペアすべてがベスト16に残った女子ダブルスは、日本選手同士の対決で、末綱聡子・前田美順組に惜敗した高橋礼華・松友美佐紀組を除く、3ペアが勝ち進んだ

Sato/Kawamae defeated by World No.1

一方、日本の男子ダブルス3ペアは、それぞれ世界1位、2位、3位との厳しい戦いとなった。先陣を切って登場した佐藤翔治・川前直樹組は、今大会第1シード、ディフェンディングチャンピオンの中国カイ・ユン/フー・ハイファン組(世界1位)との真っ向勝負に挑み、17-21,21-15で1ゲームオールのタイに持ち込む。しかしファイナルゲームに入ると、「序盤からカイ選手がスピードを上げてきて、11点までは対応できなかった」(佐藤選手)ことで、インターバルまでに5-11と大量リードを許す。後半に入り徐々に食らいつくも、前半につけられた差を埋め切れず、14-21で試合を終えた

佐藤選手は試合後、ファイナルゲームの序盤のプレーを敗因に挙げた。川前選手は、「第2ゲームまでとは異なり、ファイナルはレシーブを上げさせられている感じがした」と説明。今後、カイ/フー組を含む世界ランク上位ペアの壁を打ち破っていくにはレシーブの精度を上げていく必要があると強調した

What do they need to improve?

佐藤・川前組以外では、平田典靖・橋本博且組が世界2位のマシアス・ボー/カールステン・モゲンセン組(デンマーク)に、早川賢一・遠藤大由組が世界3位のチョン・ジェソン/イ・ヨンデ組(韓国)にいずれもストレート負けを喫し、日本の男子ダブルス陣はすべて姿を消した

Pair of Bronze medalists couldn’t reach QTR

このほかの種目では、女子シングルスの佐藤冴香選手がフランスのベテラン、ピ・ホンヤン選手に18-21,14-21で敗退。混合ダブルスの池田信太郎・潮田玲子組は、3月の全英オープンのリベンジを期して臨んだ英国とスコットランドの混合ペア、クリス・アドコック/イモジェン・バンキア組との対戦だったが、逆転(21-17,15-21,16-21)で敗れベスト16どまりとなった。バンキア選手は試合後、池田・潮田組に過去勝っていたので、自信を持って試合に臨んでいたことを明かした

4日目を終え、各種目のベスト8に進んだのは以下の選手

【男子シングルス】 ◆リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)対ケビン・コルドン(グアテマラ)◆リン・ダン(中国、世界2位)対佐々木翔(世界12位)◆ピーター・ゲード(デンマーク、世界3位)対グエン・ティエンミン(ベトナム、世界7位)◆チェン・ジン(中国、世界6位)対ビティングス・ハンスクリステン(デンマーク)

【女子シングルス】 ◆ワン・シーシャン(中国、世界1位)対チェン・シャオチエ(台湾、世界8位)◆ワン・イーハン(中国、世界2位)対ピ・ホンヤン(フランス、世界23位)◆ワン・シン(中国、世界3位)対サイナ・ネワル(インド、世界6位)◆ティネ・バウン(デンマーク、世界5位)対ユリアン・シェンク(ドイツ、世界10位)

【男子ダブルス】 ◆カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界1位)対ヨナス・ラスムセン/マッズ・コンラドペターセン組(デンマーク、世界15位)◆マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン組(デンマーク、世界2位)対モハンマド・アーサン/ボナ・セプタノ組(インドネシア、世界7位)◆チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組(韓国、世界3位)対ホン・ウェイ/シェン・イエ組(中国)◆クー・ケンケット/タン・ブンヒョン組(マレーシア、世界4位)対コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国、世界5位)

【女子ダブルス】 ◆ワン・シャオリ/ユー・ヤン組(中国、世界1位)対松尾静香・内藤真実組(世界6位)◆末綱聡子・前田美順組(世界2位)対グレイシア・ポリー/メイリアナ・ジャウハリ組(インドネシア、世界8位)◆藤井瑞希・垣岩令佳組(世界4位)対ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(中国、世界7位)◆ビタ・マリッサ/ナディヤ・メラティ組(インドネシア、世界14位)対ジェワラ・グッタ/アシュウィニ・ポンナッパ組(インド)

【混合ダブルス】 ◆ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組(中国、世界1位)対チェン・フンリン/チェン・ウェンシン(台湾、世界6位)◆タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組(インドネシア、世界4位)対ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組(デンマーク、世界5位)タオ・ジャーミン/ティエン・チン組(中国、世界3位)対クリス・アドコック/イモジェン・バンキア組(英国/スコットランド、世界18位)シュー・チェン/マー・ジン組(中国、世界16位)対チャユト・トリヤチャート/ヤオ・レイ組(シンガポール)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: