Good and Bad Draws in All England

101st All England begins in Birmingham

101回目を迎える伝統の全英オープンが8日、英国バーミンガムで開幕する。今年からスーパーシリーズ(SS)プレミアに格上げとなり、賞金総額が20万ドルから35万ドルに引き上げられ、国内リーグを一時中断して参戦する中国をはじめ、世界のトップ選手が一堂に会する欧州最大の舞台となる

田児賢一選手の準優勝がいまだ記憶に新しい、昨年の100回記念大会の後を受け、今年も日本選手の活躍が期待される。とりわけ注目は、女子シングルスの廣瀬栄理子選手(世界17位)と後藤愛選手(世界19位)。組み合わせの妙ながら、今大会、強豪中国の選手のほとんどが両選手とは別のブロックに入った。また、同じブロックにいた唯一の中国選手、ワン・イーハン選手(世界2位)と、ディフェンディングチャンピオンであるデンマークのティネ・バウン選手(世界4位)の負傷欠場により、さらに視界は開けた。とはいえ、世界のトップ選手ばかりが集まる大会だけに、初戦から気の抜けない試合が続くのに代わりはなく、両選手の奮起が注目される

一方、男子シングルスでは、より厳しい対戦が待ち構える。山田和司選手(世界28位)は1回戦で、第2シードのタウフィック・ヒダヤット選手(世界2位)にぶつかる。田児選手(世界11位)も順当にいけば2回戦で、これまで勝ったことのない第4シードのピーター・ゲード選手(世界4位)と顔を合わせる。なお、初戦でリー・チョンウェイ選手(世界1位)と対戦予定だった佐々木翔選手(世界27位)は欠場となった

また、前週のドイツオープングランプリ(GP)ゴールドで初優勝を果たした女子ダブルスの藤井瑞希・垣岩令佳組(世界11位)が、1回戦を勝ち上がると末綱聡子・前田美順組(世界2位)と当たるなど、組み合わせに恵まれていない面があることも否定できない

ただそうした状況を踏まえつつも、8月にロンドンで開催される世界選手権、ならびに来年に迫ったロンドン五輪の出場枠獲得に向け、1つでも上の結果にこだわる各選手の意欲的な戦いに期待したい

1月の韓国オープン(賞金総額120万ドル)に続く2大会目のSSプレミアである全英オープンの初日には、各種目の予選が行われる。日本選手では、混合ダブルスに平田典靖・前田美順組(世界69位)が登場する。一方、予選から出場予定だった橋本博且・藤井瑞希組(世界30位)は、予選免除で本戦に繰り上がった

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s