A Korean withdraws from Men’s Singles final

Ended with disappointment

マカオオープングランプリ(GP)ゴールド決勝、ハイライトは新旧世界ランク1位の対戦となった男子シングルス。長く世界トップの座を守るリー・チョンウェイ選手に、メダルを逸した北京五輪準決勝のリベンジを狙う復活を遂げた韓国のイ・ヒョンイル選手が挑む――はずだった。しかし、選手が練習中の負傷により棄権したため、リー選手が大会2連覇と今シーズン6勝目を達成。再戦は次回以降に持ち越された

Victory of Chinese

女子シングルスは、リ・シュエリLi Xuerui)選手がインドネシアのアドリヤンティ・フィルダサリ選手にストレート勝ち(21-18,21-15)。久しぶりの中国選手の優勝となった。中国の主力選手は国内リーグがスタートしたのを受け、5月のトマス・ユーバー杯の後、国際試合にほとんど出場していない

女子ダブルスでは、台湾のチェン・ウェンシ/チエン・ユーチン組が、インドネシアのグレイシア・ポリー/メイリアナ・ジャウハリ組をフルゲーム(16-21,21-18,21-16)の末に破り、カナダ、米国に続く3週連続優勝を果たした

Joyful! 3-title in 3-week

各種目の優勝者は以下の通り。4種目で5組が決勝に進んだインドネシアの勝利は混合ダブルスのみ。代わりに、5種目でそれぞれ異なる国・地域の選手が優勝する結果となった

【男子シングルス】リー・チョンウェイ(マレーシア)

【男子ダブルス】コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国)

【女子シングルス】リ・シュエリ選手(中国)

【女子ダブルス】チェン・ウェンシ/チエン・ユーチン組(台湾)

【混合ダブルス】タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組(インドネシア)

Only one for Indonesia

Men’s doubles to Korea

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: