A Korean withdraws from Men’s Singles final

マカオオープングランプリ(GP)ゴールド決勝、ハイライトは新旧世界ランク1位の対戦となった男子シングルス。長く世界トップの座を守るリー・チョンウェイ選手に、メダルを逸した北京五輪準決勝のリベンジを狙う復活を遂げた韓国のイ・ヒョンイル選手が挑む――はずだった。しかし、イ選手が練習中の負傷により棄権したため、リー選手が大会2連覇と今シーズン6勝目を達成。再戦は次回以降に持ち越された 女子シングルスは、リ・シュエリ(Li Xuerui)選手がインドネシアのアドリヤンティ・フィルダサリ選手にストレート勝ち(21-18,21-15)。久しぶりの中国選手の優勝となった。中国の主力選手は国内リーグがスタートしたのを受け、5月のトマス・ユーバー杯の後、国際試合にほとんど出場していない

No shine, No final for Suetsuna/Maeda

マカオオープングランプリ(GP)ゴールド準決勝、日本選手で唯一勝ち進んでいた女子ダブルスの今大会第1シード、末綱聡子・前田美順組は、台湾のチェン・ウェンシン/チエン・ユーチン組にストレート(11-21,11-21)で敗れた チェン/チエン組は今シーズン、◆全英スーパーシリーズ(SS):ベスト8◆スイスSS:ベスト4◆シンガポールSS:ベスト4◆インドネシアSS:準優勝◆カナダGP:優勝◆USGP:優勝――と、主要な国際大会で着実に結果を残し世界ランクも3位にまで上昇。あすの決勝で、3週連続優勝を狙う 男子シングルスでは、韓国のかつてのエースで元世界1位のイ・ヒョンイル選手がタイのブーンサック・ポンサナ選手(世界9位)をストレート(21-18,21-17)で下し、決勝進出を決めた。

SUE-MAE proceeds to Semifinals

マカオオープングランプリ(GP)ゴールド、日本選手でベスト8に残ったのは◆女子シングルス:廣瀬栄理子選手、後藤愛選手◆男子ダブルス:早川賢一・遠藤大由組、数野健太・廣部好輝組◆女子ダブルス:末綱聡子・前田美順組――の合わせて5組 このうち、30日に行われた準々決勝を勝ち上がったのは末綱・前田組。今大会の第1シードは安定した試合運びで第8シードの韓国ペアを寄せ付けず、ストレート勝ち(21-13,21-15)した