SUE-MAE proceeds to Semifinals

マカオオープングランプリ(GP)ゴールド、日本選手でベスト8に残ったのは◆女子シングルス:廣瀬栄理子選手、後藤愛選手◆男子ダブルス:早川賢一・遠藤大由組、数野健太・廣部好輝組◆女子ダブルス:末綱聡子・前田美順組――の合わせて5組

Steady and Strong

このうち、30日に行われた準々決勝を勝ち上がったのは末綱・前田組。今大会の第1シードは安定した試合運びで第8シードの韓国ペアを寄せ付けず、ストレート勝ち(21-13,21-15)した

Close match but fail to win

早川・遠藤組は世界ランクでは格上の韓国コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組から第1ゲームを21-17で先取。しかし第2ゲームを14-21、第3ゲームを20-22で奪われ惜しくも敗れた。同組は今大会、1回戦で第4シードの韓国のエースペア、チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組をフルゲーム(21-15,14-21,21-16)の末に破り、続く2回戦は、日本の世界選手権代表、佐藤翔治・川前直樹組をストレートで下したインドネシアペアを退け勢いに乗っていたが、ベスト4入りに一歩届かなかった

準々決勝を戦ったほかの日本選手は、いずれも世界ランク上位選手にストレートで敗退した

あす31日の準決勝の組み合わせは

【男子シングルス】リー・チョンウェイ(マレーシア、世界ランク1位)対シモン・サントソ(インドネシア、世界8位)、ブーンサック・ポンサナ(タイ、世界9位)対イ・ヒョンイル(韓国)

【男子ダブルス】ヘンドラ・アプリダ・グナワン/アルベン・ユリアント・チャンドラ (インドネシア、世界6位)対チョ・グンウ/クォン・イグ組(韓国、世界52位)、マルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア、世界2位)対コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国、世界21位)

【女子シングルス】ツォウ・ミー(香港、世界13位)対リ・シュエリ(中国、世界61位)、アドリヤンティ・フィルダサリ(インドネシア、世界27位)対チェン・シャオチエ(台湾、世界74位)

【女子ダブルス】チェン・ウェンシン/チエン・ユーチン組(台湾、世界3位)対末綱・前田組(世界5位)、ツァン・ダン/ツァン・ジボ組(マカオ、世界25位)対グレイシア・ポリー/メイリアナ・ジャウハリ組(インドネシア、世界36位)

【混合ダブルス】ヘンドラ・アプリダ・グナワン/ビタ・マリッサ組(インドネシア、世界4位)対スッケー・プラパカモン/サラリー・トウントンカム組(タイ、世界11位)、フラン・クルニアワン・テン/ピア・ゼバディア・ベルナデト組(インドネシア、世界17位)対タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組(インドネシア)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: