Sayaka upsets defending champ in opening round of Singapore SS

インド、マレーシアに続く、スーパーシリーズ(SS)アジア3連戦の最後、シンガポールオープンがスタートし、日本勢は1回戦、佐藤冴香選手が、ディフェンディングチャンピオンのラッチャノク・インタノン選手を破る番狂わせを起こす一方、前週SSプレミア初制覇を遂げたばかりの福島由紀・廣田彩花組が早々に姿を消すなど、明暗が分かれた

Sayaka falls short of India GPG title and higher points for Rio

インドオープングランプリ(GP)ゴールド(サイド・モディ・インターナショナル)が1月26~31日、インド・ラクナウで開催され、女子シングルスで佐藤冴香選手が決勝に進んだ。しかし前週、マレーシアマスターズGPゴールド準々決勝で敗れた韓国ソン・ジヒョン選手の前に再び屈し、優勝には届かず。2大会連続の五輪出場を切望し、厳しい沖縄での強化合宿の後、マレーシアマスターズを経て、この種目唯一のA代表として挑んだ大会だったが、追い求めた「結果」を手にすることはできなかった