Archive | AllEngland2014 RSS feed for this section

Mission unaccomplished, archrival admits HAYAKAWA/ENDO’s strength though

全英オープンSSプレミア決勝、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組が、SS初優勝を目指し、世界ランク1位のインドネシア、ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン組に挑んだが、わずかに届かず。2年連続準優勝という結果で、今年の全英を終えた Advertisements

Continue reading

One more step to win the first ever SS title for HAYAKAWA/ENDO

全英オープンSSプレミア準決勝、早川賢一・遠藤大由組は韓国ペアを相手に、第1ゲームを落とすが、しっかり立て直して第2、第3ゲームを連取。2年連続の決勝進出を決めるとともに、悲願のSSタイトル獲得へ5度目の挑戦の機会を得た 早川・遠藤組はこれまで、◆2012年9月チャイナマスターズSS◆同年12月SSファイナル◆13年3月全英オープンSSプレミア◆同年9月チャイナマスターズSS――と、合わせて4度、上位大会SSの決勝のコートに立っているが、いずれも敗れ、準優勝に終わっている 世界のトップ選手が主戦場とする年間12大会あるSS(SSプレミア5大会含む)のうち、今シーズンは初戦の韓国オープンSSと2戦目のマレーシアオープンSSプレミアでともにベスト4に入った。しかし早川、遠藤両選手は1月、BadPaL に対し、

Continue reading

Top Japanese pairs of Men and Women make the semifinals

全英オープンSSプレミア準々決勝、SS初優勝を目指している男子ダブルス第2シードの早川賢一・遠藤大由組と女子ダブルス第3シードの高橋礼華・松友美佐紀組が、いずれも1ゲームずつ落としながらもきっちり勝ちをつかみ、順当に準決勝に進んだ 高橋・松友組は、過去4戦全勝と得意としているインドネシアのピア・ゼバディア・ベルナデス/リズキ・アメリア・プラディプタ組に、16-21と初めて第1ゲームを先制される苦しい立ち上がり。しかし第2ゲームを21-9の大差で取り返すと、ファイナルゲームは相手に主導権を渡すことなく21-18で振り切って勝利し、中国ペアが3枠を占めるベスト4の一角に入った

Continue reading

Miyuki/Reika stops undefeated streak of Chinese BAO/TANG

全英オープンSSプレミア2回戦、日本勢は、男子シングルスの田児賢一、桃田賢斗両選手、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組、女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組と前田美順・垣岩令佳組、混合ダブルスの早川・松友組が勝ち、ベスト8に名乗りを上げた このうち前田・垣岩組は、昨年10月にペアを再結成し国際大会に本格参戦して以降、誰にも負けていない中国タン・ジンフア/バオ・イーシン組と対戦。第1ゲームを先取した後、第2ゲームは落とすも14-20とリードされた場面から追いつく粘りを見せる。ファイナルゲームでは前半を8-11で終えるが、後半逆転に成功し21-17で勝利。◆オランダオープングランプリ(GP)◆デンマークオープンSSプレミア◆フレンチオープンSS◆香港オープンSS◆マカオオープンGPゴールド◆韓国オープンSS◆マレーシアオープンSSプレミア――と、出場した7大会すべてで優勝し、無敗記録を続けてきた中国ペアを止めた

Continue reading

Half of seeded players in MS already out but TAGO survives

全英オープンSSプレミア1回戦、日本勢では男子シングルス陣が気を吐き、田児賢一、桃田賢斗、上田拓馬、佐々木翔の4選手全員が2回戦に勝ち上がった。一方、前週のドイツオープングランプリ(GP)ゴールドで優勝した女子シングルスの高橋沙也加選手と男子ダブルスの園田啓悟・嘉村健士組は、ドイツで破った格上にいずれもリベンジを許し、初戦で姿を消した この日は男子シングルスで、◆第3シードのトミー・スギアルト選手(インドネシア)◆第4シードのヤン・ヨルゲンセン選手(デンマーク)◆第7シードのドゥ・ペンユ選手(中国)◆第8シードのグエン・ティエンミン選手(ベトナム)――と、シード選手8人のうち4人が相次いで敗れ、世界のトップ選手であっても上位大会SSプレミアで初戦を勝つのが難しいことがあらためて浮き彫りとなった

Continue reading