Archive | September, 2016

Five Japanese into Women’s singles quarter including two non-national

ジャパンオープンSS2回戦、女子シングルスのベスト8に、日本からリオ五輪代表の奥原希望、山口茜両選手を含む5人が勝ち残った。とりわけナショナルチームに属しない世界ランク日本6番手の峰歩美選手と11番手の高橋沙也加選手の躍進が光る。一方、ダブルスの五輪代表のうち、早川賢一・遠藤大由組と数野健太・栗原文音組は敗れ、姿を消した Advertisements

Continue reading

U19 Natsuki advances to 2nd round of SS making a good start for 2020

ジャパンオープンスーパーシリーズ(SS)が開幕した。4年後の東京五輪を視野にいれる若手を中心とした世界ランク低位の日本選手にとって、数少ない上位大会への出場機会。ここで1つでも上に勝ち進みランキングポイントを稼ぐことが極めて重要になる。

Continue reading

Japan’s ‘Ninety-Sixers’ left behind by Chinese and Thai rivals

インドネシアマスターズグランプリ(GP)ゴールドが6~11日、東カリマンタン州バリクパパンで行われ、男子シングルスで中国シー・ユーチ選手がシニア大会初優勝を果たした。女子シングルスではタイのブサナン・ウンバンルンパン選手がGPゴールド2勝目。東京五輪でのメダル獲得を目指す1996年生まれの2人は、ジュニア時代に争った同年生まれの日本勢にシニアの実績で差をつけた

Continue reading

Another challenge for Tokyo ~Para world champs from Denmark and Japan

ブラジル・リオデジャネイロで現地時間の7日、五輪から1カ月遅れでパラリンピックが開幕した。今回、リオでは実施されないが、4年後の東京で初めて正式種目になるパラバドミントン競技について、BadPaL が昨年来取材した東西の世界選手権覇者2人の話とともに紹介する

Continue reading