103th All England kicks off in Birmingham

今年で103回目を迎える全英オープンスーパーシリーズ(SS)プレミアが5日、英国バーミンガムで開幕。初日は各種目予選が行われ、日本からは世界ランク下位の女子シングルス、高橋沙也加選手のみが出場し、危なげなく2試合を勝ち抜いた。6日からはいよいよ本戦がスタートする

前週のドイツオープングランプリ(GP)ゴールド出場組に、日本から現地入りした田児賢一選手と三谷美菜津選手、さらにペアとして今年、世界バドミントン連盟(BWF)サーキット初戦となる末綱聡子・前田美順組を加えたシングルス6人、ダブルス5組が伝統ある世界最高峰の大会に挑む

日本選手1回戦の対戦カードは以下の通り

【男子シングルス】 田児賢一(世界6位)対ビクター・アクセルセン(デンマーク、世界22位)、佐々木翔(世界14位)対タウフィック・ヒダヤット(インドネシア、世界21位)、マーク・ツイブラー(ドイツ、世界20位)対上田拓馬(世界23位)

【女子シングルス】 三谷美菜津(世界10位)対ベラエトリックス・マヌプティ(インドネシア、世界41位※予選勝ち上がり)、廣瀬栄理子(世界14位)対ミッシェル・リ(カナダ、世界51位※予選勝ち上がり)、ジアン・ヤンジャオ(中国、世界12位)対高橋沙也加(世界39位※予選勝ち上がり)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界4位)対ボディン・イサラ/パッカワト・ビライラク(タイ、世界636位※予選勝ち上がり)、平田典靖・橋本博且(世界9位)対リム・キムワー/ゴー・ウェイシェム(マレーシア、世界18位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界4位)対シン・スンチャン/イ・ソヒ(韓国、世界24位)、末綱聡子・前田美順(世界8位)対リネ・ダムケーア・クルス/マリー・ロープケ(デンマーク、世界60位)

【混合ダブルス】 早川賢一・松友美佐紀(世界16位)対キム・ギジョン/チョン・ギョンウン(韓国、世界54位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: