Olympic Gold medalists lead Teams to top of SuperLeague

中国バドミントンスーパーリーグ(CBSL)第2節第3試合、ロンドン五輪金メダリストを擁する湖北チーム八一チームが全勝を守り、それぞれ北区と南区で第2節の単独トップに立った。湖北には混合ダブルスのツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組(ツァオ選手は女子ダブルスでも金メダル)、八一には男子シングルスのリン・ダン選手と女子シングルスのリ・シュエリ選手が所属する

男子シングルス銀メダルのリー・チョンウェイ選手(マレーシア)が外国人助っ人として参戦する浙江チームは、第2節に入りまだ勝ち星のない北京チーム相手に5対0と圧勝。8月25日のスーパーリーグ開幕から、初めて黒星を喫した青島チームなどとともに、北区の2位タイにつけている

中国スーパーリーグでは、参加12チームが6チームずつ北区と南区に分かれ、予選リーグ(第1節、第2節)計10試合を戦い、それぞれの区の上位4チームが決勝ラウンドに進む

6日の第2節第3試合の結果

【北区】

湖北(3勝)〈3―2〉遼寧(3敗)

江蘇(2勝1敗)〈3-2〉青島(2勝1敗)

浙江(2勝1敗)〈5-0〉北京(3敗)

【南区】

八一(3勝)〈3―2〉広東(1勝2敗)

上海(2勝1敗)〈3―2〉湖南(2勝1敗)

広州(1勝2敗)〈4-1〉四川(3敗)

 

11日に行われる第2節第4試合の組み合わせは以下の通り

【北区】

湖北(3勝)対江蘇(2勝1敗)、青島(2勝1敗)対浙江(2勝1敗)、北京(3敗)対遼寧(3敗)

【南区】

八一(3勝)対上海(2勝1敗)、湖南(2勝1敗)対広州(1勝2敗)、広東(1勝2敗)対四川(3敗)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: