Qingdao still stands at the top despite the absence of Ratchanok

中国バドミントンスーパーリーグ(CBSL)第2節第2試合、8月25日のリーグ開幕以来、全試合に出場してきたラッチャノク・インタノン選手(タイ)が初めて欠場した。ここまで6戦6勝で、チームに女子シングルスの1勝を確実にもたらしてきたエースを欠いた青島チームだったが、この種目を落とすも、総合力で北京チームを上回り、4対1で勝利。第1節からの連勝を7つにのばし、第2節でも北区トップの地位を堅持している

青島チームを追いかけるのが、ロンドン五輪混合ダブルス金メダルのツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組、世界選手権女子ダブルス金メダルのワン・シャオリー選手らを擁する湖北チーム。この日は、リー・チョンウェイ選手(マレーシア)抜きの浙江チームと対戦。2対2で回ってきた男子ダブルスで、外国人助っ人のヘンドラ・アプリダ・グナワン/アルベン・ユリアント・チャンドラ組(インドネシア)が、アジアジュニア選手権男子ダブルス2連覇(1999、2000年)のサン・ヤン選手がワン・シジェ選手と組むペアにストレート勝ち。第2節に入り負けなしで、青島チームに並んでいる

一方、南区では、ロンドン五輪女子ダブルス金メダルのティエン・チン選手、男子ダブルス世界5位のチャイ・ビアオ選手らが所属する湖南チームが安定した強さを見せ、全勝を守っている。これに続くのが八一チーム。絶対的エースのリン・ダン選手が、金メダルを獲得したロンドン五輪の後で5試合中2試合しか出場しなかった第1節とは異なり、第2節に入り連続出場していることで、負けなしの首位タイにつけている

29日の第2節第2試合の結果

【北区】

青島(2勝)〈4―1〉北京(2敗)

湖北(2勝)〈3―2〉浙江(1勝1敗)

江蘇(1勝1敗)〈5―0〉遼寧(2敗)

【南区】

湖南(2勝)〈4―1〉四川(2敗)

八一(2勝)〈3―2〉広州(2敗)

広東(1勝1敗)〈3―2〉上海(1勝1敗)

 

10月6日に行われる第2節第3試合の組み合わせは以下の通り

【北区】

青島(2勝)対江蘇(1勝1敗)、湖北(2勝)対遼寧(2敗)、浙江(1勝1敗)対北京(2敗)

【南区】

湖南(2勝)対上海(1勝1敗)、八一(2勝)対広東(1勝1敗)、広州(2敗)対四川(2敗)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: