China Badminton Super League begins among 12clubs with some foreigners

中国の国内クラブ対抗戦「中国バドミントンスーパーリーグ(CBSL)」が25日、開幕した。スディルマン杯形式の男女混合団体戦で、今回は、参加クラブ数を前回(昨年2月)の8チームから12チームに拡大。北区と南区、それぞれ6チームずつに分かれて予選リーグ(10月13日まで)を戦い、両区の上位4チームずつがホーム&アウェー方式の決勝ラウンド(11月1日~12月9日)に進む

このリーグ戦では、チームごとに外国人選手の出場枠が設けられている。前回に引き続き出場のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)、タウフィック・ヒダヤット選手(インドネシア)、クー・ケンケット/タン・ブンヒョン組(マレーシア)のほか、今回は新たにラッチャノク・インタノン選手(タイ)が加わる。中国メディアによると、遼寧チームの一員として早川賢一・遠藤大由組の参戦も決まった。このほか、藤井瑞希・垣岩令佳組が上海チームに加わるとの報道があったが、確定した話かどうかは現時点で不明。外国人選手は、国際・国内大会のスケジュールや開催場所の兼ね合いもあり、すべてではなく、数試合のみの出場となる

リーグに参戦するチームと、各チームに登録している主な選手(太字は外国人選手)は以下の通り

◆北区6チーム

北京冠羽俱乐部】 シェ・ジン(2008年世界ジュニア選手権混合ダブルス優勝)、ユー・シャオハン(アジアジュニア選手権女子ダブルス銀メダル)

遼寧沈阳机床俱乐部】 ユー・ヤン(2011年世界選手権女子ダブルス金メダル)、ジアン・ヤンジャオ(女子シングルス世界9位)、早川賢一・遠藤大由組(2012アジア選手権男子ダブルス準優勝)

江蘇中建地产俱乐部】 チェン・ジン(2010年世界選手権男子シングルス金メダル)、ワン・シーシャン(女子シングルス世界5位)、タン・ジンフア(女子ダブルス世界7位)、チェン・シュウ(女子ダブルス世界19位)、タオ・ジアミン(混合ダブルス世界24位)

浙江銀江俱乐部】 リー・チョンウェイ(★ロンドン五輪男子シングルス銀メダル)、ワン・リン(2010年世界選手権女子シングルス金メダル)、シュー・チェン(★ロンドン五輪混合ダブルス銀メダル)、ツァン・ヤウェン(北京五輪女子ダブルス銅メダル)

湖北吴家山开发区俱乐部】 ツァオ・ユンレイ(★ロンドン五輪女子・混合ダブルス金メダル)、ツァン・ナン(★ロンドン五輪混合ダブルス金メダル)、ワン・シャオリ(2011年世界選手権女子ダブルス金メダル)、チェン・ユークン(2010年ベトナムオープン男子シングルス優勝)

青島啤酒俱乐部】 マー・ジン(★ロンドン五輪混合ダブルス銀メダル)、ドゥ・ペンユ(男子シングルス世界10位)、インタノン・ラッチャノク(女子シングルス世界10位)、シェン・イエ/ホン・ウェイ(男子ダブルス世界11位)

◆南区6チーム

上海兹韦克俱乐部】 ワン・イーハン(★ロンドン五輪女子シングルス銀メダル)、チェン・ロン(★ロンドン五輪男子シングルス銅メダル)

湖南湘羽俱乐部】 ティエン・チン(★ロンドン五輪女子ダブルス金メダル)、チャイ・ビアオ(男子ダブルス世界6位)、チェン・シャオジア(2011年インドネシアオープンGPゴールド女子シングルス優勝)、バオ・チュンライ(2006年世界選手権男子シングルス銀メダル)

広東欧派俱乐部】 フー・ハイファン(★ロンドン五輪男子ダブルス金メダル)

四川川威俱乐部】 ハン・リ(2012年オーストラリアオープンGPゴールド女子シングルス優勝)、シェ・ツォンボ(2005年世界選手権混合ダブルス銀メダル)

広州粤羽俱乐部】 タウフィック・ヒダヤット(アテネ五輪男子シングルス金メダル)、ワン・ツェンミン(男子シングルス世界16位)、ルー・ラン(2009年世界選手権女子シングルス金メダル)、クー・ケンケット/タン・ブンヒョン(男子ダブルス世界7位)、バオ・イーシン/ツォン・チエンシン(女子ダブルス世界5位)、ツェン・ボー(2010年世界選手権混合ダブルス金メダル)

八一东凌集团俱乐部】 リン・ダン(★ロンドン五輪男子シングルス金メダル)、リ・シュエリ(★ロンドン五輪女子シングルス金メダル)、ワン・シン(女子シングルス世界3位)、ヘ・ハンビン(北京五輪混合ダブルス銅メダル)、パン・パン(女子ダブルス世界19位)

 

第1節第1試合(25日と29日)の結果(ロンドン五輪金メダリストはいずれも出場せず)

【北区】

青島(1勝)〈5―0〉遼寧(1敗)

※中国リーグデビューのタイの17歳、ラッチャノク・インタノン選手(青島)がジアン・ヤンジャオ選手に勝利

江蘇(1勝)〈4―1〉浙江(1敗)

※ワン・シーシャン、チェン・ジンら世界ランク上位選手が初戦から出場してきた江蘇が快勝

北京(1勝)〈4―1〉湖北(1敗)

【南区】

広州(1勝)〈5―0〉上海(1敗)

※日本キラーの若手バオ・イーシン/ツォン・チエンシン組やベテラン、ルー・ラン選手が広州の勝利を決めた後、タウフィック・ヒダヤット選手が登場。危なげなく11点マッチ(勝敗が決した後の試合は21点ではなく11点)に勝利した

四川(1勝)〈4―1〉八一(1敗)

※男女エースのリン・ダン、リ・シュエリ両選手を欠く八一がリーグ初戦を落とす

湖南(1勝)〈3―2〉広東(1敗)※29日

あす30日の第1節第2試合は以下の対戦が予定されている

【北区】 青島対北京、江蘇対遼寧、浙江対湖北

【南区】 広東対上海、四川対湖南、広州対八一

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: