Singapore Open : Great opportunity to grab SS-title and confidence

シンガポールオープンスーパーシリーズ(SS)が19日開幕した。中国をはじめ、主要国・地域の五輪代表がケガのリスク回避や練習に専念するため出場を見合わせた影響もあり、男子シングルスの佐々木翔選手と女子ダブルスの藤井瑞希・垣岩令佳組が第1シードになるなど、各種目で日本選手の上位進出が期待される。日本選手はいずれも20日から始まる本戦に登場する

日本選手は今大会、ほかに男子シングルスで田児賢一選手が第3シードに、女子ダブルスで松尾静香・内藤真実組と末綱聡子・前田美順組が第3、第4シードに、混合ダブルスで池田信太郎・潮田玲子組が第4シードに、それぞれ入っている

一方、初日に行われた予選で、シドニー五輪男子ダブルス金メダリスト、インドネシアのチャンドラ・ウィジャヤ選手(36歳)と、アテネ五輪男子シングルス初戦で第1シードの中国リン・ダン選手を下した地元シンガポールのロナルド・スシロ選手(33歳)が組むベテランペアが、本戦に勝ち上がった

日本選手1回戦の組み合わせ

【男子シングルス】 佐々木翔(世界6位)対ビクター・アクセルセン(デンマーク、世界22位)、田児賢一(世界7位)対ウォン・ウィンキ(香港、世界19位)

【女子シングルス】 佐藤冴香(世界15位)対アナ・アストラカントセワ(ロシア、世界710位)、廣瀬栄理子(世界24位)対チー・リディア・リヤ(マレーシア、世界79位)、ソン・ジヒョン(韓国、世界10位)対三谷美菜津(世界30位)

【男子ダブルス】 佐藤翔治・川前直樹(世界11位)対ウォン・ジェフリー・H.C/プリバディ・セティア・アトマジャ(シンガポール)、平田典靖・橋本博且(世界12位)対ウォン・デレク・ジリアン/チェン・アシュトン・ヨンツァオ(シンガポール、世界99位)、早川賢一・遠藤大由(世界13位)対ヘグ・ネルソン・ウェイケット/テオ・イーイ(マレーシア、世界72位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界19位)対レヌガ・ビーラン/リアン・チュウ(オーストラリア、世界36位)

藤井瑞希・垣岩令佳(世界4位)、松尾静香・内藤真実(世界7位)、末綱聡子・前田美順(世界8位)はシード不戦勝で2回戦から

【混合ダブルス】 早川賢一・松友美佐紀(世界37位)対オン・ジアングオ/リム・インルー(マレーシア、世界64位)、平田典靖・前田美順(世界42位)対タルン・コナ/アシュウィニ・ポンナッパ(インド)

池田信太郎・潮田玲子(世界11位)、佐藤翔治・松尾静香(世界15位)はシード不戦勝で2回戦から

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

%d bloggers like this: