Color does matter

ヨネックスYONEX)と契約するリー・チョンウェイ、タウフィック・ヒダヤット両選手が使用しているラケットの色に注目が集まっている。リー選手は「アーマーテック900パワー(赤)」、ヒダヤット選手は「アークセイバーZスラッシュ(黄)」を愛用していたが、ここ最近の国際大会には、リー選手が黄色、ヒダヤット選手が赤のラケットで参戦している

Yellow for World No.1

実はこれ、従来のラケットに新たなカラーリングを施した新モデル。既にアジアの愛好家の間では、4月ごろからカタログ写真とともに広く知れ渡っている

7月末にも発売予定とされる新モデルは、アーマーテック900パワーLC(基調色:黄)」、「アークセイバーZスラッシュTH(赤/黒)」、「アークセイバー10PG(白)」の3種。品番の末尾にはそれぞれのモデルを使用する、リー・チョンウェイ(LC)、タウフィック・ヒダヤット(TH)、ピーター・ゲード(PG)のイニシャルが入る

さらに、アジアの愛好家の間では、9月21日から東京体育館で開催されるヨネックスオープンジャパン時に発表される日本、マレーシア、インドネシアの新しいユニフォームの写真も既に出回り、それぞれのデザインへの批評も上がっていて、その情報入手速度に驚かされる

なお、製品の写真は入手可能ながら、発売前のこの時期、当サイトでの掲載は差し控える

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s