Archive | Brand RSS feed for this section

Mizuno introduces Made-in-Japan in Thailand with Indonesian duo

ミズノは今月初め、タイ・バンコクで試打会を兼ねたイベントを実施。ブランドアンバサダーを務めるヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサンも参加し、現地の子供たちらと交流した Advertisements

Continue reading

Mizuno, one of Olympians’ choices from Japan

リオデジャネイロ五輪への出場権を手にした日本選手9人のうち、早川賢一選手と奥原希望選手の2人にラケットを提供しているのがミズノだ。業界最大手ヨネックスのほか、台湾発のビクター(勝利体育)、中国リニン(李寧)という3つの東アジアブランドが国際市場で高いプレゼンスを示すが、まずは日本での地位を確立し、そこから東南アジアをはじめグローバルに市場規模を伸長をさせたいというミズノ本社広報担当者に BadPaL が話を聞いた

Continue reading

ChongWei comes to the Philippines again

圧倒的な強さでインドネシアオープンスーパーシリーズ(SS)プレミアを制し、来月ロンドンで開催される世界選手権のタイトル奪取に照準を定める男子シングルス世界ランク1位、リー・チョンウェイ選手(マレーシア)が1日、地元企業の招きを受けフィリピン入りした

Continue reading

Li-Ning stepping into South East Asia

チャイナブランドに対する世界の認識を変える――。現在開催中のシンガポールオープンスーパーシリーズ(SS)のスポンサーを昨年から務める李寧(Li-Ning)。同社の東南アジア事業を統括する李寧スポーツシンガポール(Li-Ning Sports Singapore)のゼネラルマネジャー、ビビアン・リム氏は先ごろ BadPaL の単独取材に応じ、こう切り出した リム氏は、日本を含む世界の市場で、中国のバドミントン製品(ブランド)に対するこれまでの評価が、「安かろう悪かろうであることは承知している」と率直に認めた。その上で、アジアで受け入れられやすい中国のヘリテージを大切にしつつ、国際市場で通用する高い品質とデザインにこだわり、世界のトップブランドを目指すと強調した。実際、ラケットやシューズなど、李寧のハイエンド製品には、ヨネックスをはじめとする競合他社を上回る価格設定がなされている。ただ同氏は、「むしろ高価格製品の方がよく売れている」と述べ、高すぎるのではとの指摘を一蹴した

Continue reading

Brands Map in Asia-Pacific

バドミントンのブランド各社による有力選手のスポンサー契約獲得の動きがここ数年、アジア大洋州において活発化している。かつてはヨネックスが、日本以外でもその強大な影響力で市場の大きな部分を占めてきた。現在も、同社の業界トップの地位に変わりはないが、昨今は他国・地域発のメーカーがヨネックスの牙城切り崩しを狙い、台頭し始めている まず、あらためてバドミントン界でその存在をアピールしたのが台湾発のビクター(Victor)。飛躍のきっかけは2009年2月、韓国ナショナルチームのスポンサーについたこと。同年6月にはフィリピン・ナショナルチームとも用具提供を中心としたスポンサー契約を締結。ほかにも、中国、台湾、マレーシア、タイ、ベトナムのプロ選手をサポートし、この年、東南アジアを中心に市場を広げた 続いて頭角を現したのが中国のスポーツブランド、李寧(Li-Ning)。09年5月に自国で開催された男女混合国別対抗戦スディルマンカップ(杯)で中国ナショナルチームのスポンサーとしてバドミントン界に本格参入。以降、国際大会で上位を独占する中国選手とともにプレゼンスを拡大した。中国以外では香港、インド、タイの選手と個人契約を結び、シンガポールとオーストラリアのナショナルチームのスポンサーも手掛ける。李寧は、中国の次にとりわけ東南アジアでの市場拡大を目指しており、2010年からシンガポールを拠点に次世代選手の囲い込みを狙ったマーケティングを展開している インドネシア発のフライパワー(Flypower)は、北京五輪男子ダブルスの金メダリストで、現在はナショナルチームを離れプロ選手として活躍する自国のスター、マルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組を獲得。近隣諸国で開催される大会やクラブの支援を通じたプロモーションを行っている

Continue reading