What younger need

世界ランク1位のリー・チョンウェイ(27)をはじめ、リン・ダン(林丹、26)、ピーター・ゲード(33)、タウフィック・ヒダヤット(28)といった一握りの世界トップ選手たち。各国の若手有望選手が次々と挑むも、多くの場合、大きな壁となって立ちはだかっている現状について、リー選手が絶大な信頼を置くマレーシアのナショナルコーチ、ミスブン・シデク氏に聞いた

Master talked to BadPaL

得点差に関係なく、これらトップ選手との試合での敗北を経験の差と片づけてしまうようではだめだと断じた上で、若手選手に不足している部分として同氏が最初に指摘したのが、「ゲームのコンセプト(=サドンデス)を真に理解しているか」という点

また、何でもこなせるジェネラリストであるだけでは不十分で、その上にスペシャリティを持つこと。しかも1つではなく数多くマスターして、自らの武器として積み重ねることの必要性を説いた。この点について、コーチの果たすべき役割として、個々の選手に対し、それぞれどんなスペシャリティが必要かを的確に指摘できなければならないと話す

若手選手の発掘に関し、いかにして彼らの潜在性を見出すのか尋ねると、「言葉にして説明するのは難しいが、見れば分かる」と言う。フィジカルな部分だけではなく、「ココが大事」と自らの頭を指し示す。自分で考えた試合をしているか、言われたことをすぐに理解し実行に移せるかなど、彼らのアティチュードがより重要なファクターになると説明した

第2のチョンウェイ育成については、時間を要し容易ではないと認めた上で、今はチョンウェイに全力を傾けており、同時に同じエネルギーを別の選手に向けるのは不可能と指摘。2~3年後に訪れるであろうチョンウェイ引退後にシフトすることになるとした

その一方で、中国のように13~14歳の段階から潜在力ある若者を確保・育成するシステムがマレーシアにもあれば、より早い段階で世界トップクラスの選手を作れると述べている

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: