Tag Archives: Wakana NAGAHARA

Japanese shuttlers get another title shot at GP Gold

USオープンGPゴールド準決勝、B代表ながら世界選手権への出場権を得ている大堀彩選手と金子祐樹・井上拓斗組、それに前週、カナダオープンGP優勝の永原和可那・松本麻佑組が勝って、決勝に進んだ。このメンバーが揃って決勝に進むのは、昨年のタイオープンGPゴールド以来2度目

Continue reading

Kanta a step closer to next stage along with Saena and Wakana/Mayu

カナダオープンGP決勝、常山幹太選手が桃田賢斗選手を破り、日本の男子シングルス陣では5人目のGP優勝者となった。女子2種目も川上紗恵奈選手と永原和可那・松本麻佑組が勝ち、2012年に次いで日本勢が複数のタイトルを獲得。GPとはいえ、B代表の4人がそれぞれに壁を越え、次なるステージへ一歩近づいた

Continue reading

2 women,3 men and 4 pairs make semis but not enough yet

カナダオープンGP準々決勝、日本勢はシングルス5人、ダブルス4ペアが勝ちベスト4に入った。ただ、次週USオープンGPゴールドに向けた前哨戦の意味合いがあるにせよ、下位に位置づけられるGPでは、少なくとも決勝まで進まなければ、スーパーシリーズ(SS)で戦う世界ランク上位者を追い上げるのに必要なポイントの獲得には結びつかない。対戦相手が誰であれ、もう1つ白星を重ねられるか否かは、のちに大きな差となり得る

Continue reading

Five Japanese women into semifinals at Taiwan GP Gold

台湾オープングランプリ(GP)ゴールドは30日、各種目の準々決勝が行われ、ベスト4に入った日本勢は、川上紗恵奈、鈴木温子、下田菜都美のシングルス3選手と永原和可那・松本麻佑組。その言葉からは、上位大会スーパーシリーズ(SS)で活躍するA代表の背中を入り混じった感情で見ながら、自らのステージで懸命に闘っている姿が浮かび上がる

Continue reading

Another 4-year begins for next batch of shuttlers at US Open

USオープングランプリ(GP)ゴールドが5~10日に開催され、日本勢は全種目で決勝に進み、女子シングルスの峰歩美選手、女子ダブルスの米元小春・田中志穂組、混合ダブルスの小林優吾・永原和可那組が優勝した。リオデジャネイロ五輪の1カ月前で強豪の多くは出場していない。しかし、「次の4年」に挑む選手にとって、新たな出発点となるここでしっかり結果を残せた意義は大きい

Continue reading