Tag Archives: Takuro HOKI

No loss in WD and XD, one survives in MD of Japan in opener 

HSBCワールドツアーのヨーロッパ2連戦、デンマークオープンに続いてフレンチオープンが23日、パリで開幕した。日本勢は女子ダブルスと混合ダブルスで全員、初戦突破を果たす一方、デンマークのファイナリスト、園田啓悟・嘉村健士が早々に姿を消すなど、男子ダブルス陣が苦戦している Advertisements

Continue reading

MD and WD prioritized by Mixed semi-finalist Takuro/Sayaka

香港オープンSS準決勝、混合ダブルスの保木卓朗・廣田彩花組は敗れたものの、十分勝機のあるプレーで、観客も魅了した。ただ、「次」の可能性についてはあくまで、「まずは全日本総合の男女ダブルスで勝って、それから」とし、回答を固辞した

Continue reading

Yuki/Takuto advances to semis by beating another World’s finalist

香港オープンSS準々決勝、男子ダブルスの金子祐樹・井上拓斗組は、前日の世界選手権金メダリストに続いて銀メダリストを連破。混合ダブルスの保木卓朗・廣田彩花組とともに、準決勝に進んだ。一方、日本の世界ランク上位選手が多く残っていた女子2種目は、すべて敗退した

Continue reading

Yugo/Takuro still chasing ticket to Dubai at China SS Premier

最後のスーパーシリーズ(SS)プレミア、中国オープンは15日、福建省・福州で各種目1回戦が行われた。不振の日本男子の中にあって、年間チャンピオンを決めるSSファイナルの出場権争いの当落線上にいる小林優吾・保木卓朗組だけは勝ち、2回戦へ進んだ

Continue reading

Three pairs of Japan into finals while Nozomi decides not to play

ジャパンオープンSS準決勝、2年連続となる高橋礼華・松友美佐紀組のほか、金子祐樹・井上拓斗組と保木卓朗・廣田彩花組が決勝に進んだ。自国開催のSSで日本が3種目同時にファイナリストを輩出するのは、今回が初めて

Continue reading