Tag Archives: Noriyasu HIRATA

Qualified Top8s players in SuperSeries Finals revealed

来月14~18日に中国・柳州で開催されるスーパーシリーズ(SS)ファイナルへの出場資格を得た選手が明らかになった 世界バドミントン連盟(BWF)が、前週終了したチャイナオープンSSプレミアの結果を反映して28日に発表したSSランキング(※)で、各種目上位8番目までの選手が出場できる。ただ1カ国・地域に付与される出場枠は2つに制限されているため、同国・地域の選手が3人/組以上、SSランク8位以内に入った場合、上位2人/組以外の選手は対象から外れる (※SSランキングは通常の世界ランキングとは異なり、SSプレミアとSS、合わせて12大会で得たポイントのみで算定される) 日本選手は、男子シングルス2人、女子シングルス1人、男子ダブルス1組、女子ダブルス2組、混合ダブルス1組が出場権獲得。負傷などによる辞退がなければ、そのまま確定する Advertisements

Continue reading

Japanese Men grab SS title for the first time

インドオープンスーパーシリーズ(SS)決勝、男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組(世界ランク10位)は、インドネシアの若手アンガ・プラタマ/サプトラ・ライアン・アグン組(世界45位)に対し、第1、第2ゲームともに一度もリードを許すことなく、21-17,21-9で完勝。日本の男子選手として初めてSSで優勝を飾った。これまでSSの決勝に進んだ日本選手は、昨年3月の全英オープンSS(当時)で準優勝した男子シングルスの田児賢一選手のみ 平田・橋本組は年初より、国際大会でベスト8に残れない状態が続いていた。しかし4月のオーストラリアオープングランプリ(GP)ゴールドでベスト4入りを果たすと、同じ月に中国・成都で行われたアジア選手権で北京五輪金メダリスト、マルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア)や中国のチャイ・ビャオ/グオ・ツェンドン組などを破って準優勝となり、自信を付けてインドに乗り込んでいた 今後は、ロンドン五輪出場枠獲得を目指し、オリンピックレースで世界ランクの引き上げを狙う

Continue reading

‘PRAY n PLAY 4 JAPAN’ in China

アジア選手権男子ダブルスで準優勝した平田典靖、橋本博且両選手が、24日の決勝戦を終えた後、BadPaL がアジアで実施している、3月11日東日本大震災の被災者支援活動「PRAY&PLAY for JAPAN」に快く協力してくれた

Continue reading

Ready for a year long Olympic Race

アジア選手権最終日、中国選手以外で唯一、決勝のコートに立った男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組は、今大会第1シードの中国カイ・ユン/フー・ハイファン組に敗れ準優勝に終わった。ただこの結果は、いよいよ目前に迫ったオリンピックレースに向け、大きな自信となったようだ この試合は、男女シングルスの決勝とともに、地元テレビ局CCTV5が生中継した 第1ゲーム、出だしは互いに点を取り合う展開ながら、カイ/フー組が押し気味にゲームを進め、ゲーム中盤9-7とリードしたところから7連続ポイントで平田・橋本組を突き放すと、その流れのまま21-12で勝利した 第2ゲームに入ると、平田・橋本組がペースをつかみはじめたか、カイ/フー組がわずかにリードするも14-13まで最少得点差で食らいつく。しかし、ここから地力に勝る中国ペアがじりじりと点差を広げ、21-15で日本ペアの初挑戦を退けた 平田・橋本組は試合後、BadPaL の取材に応じ、

Continue reading

HIRATA/HASHIMOTO, non-Chinese finalists

中国・成都で行われているアジア選手権、男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組(世界ランク10位)が見事に決勝進出を決め、全種目を通じて唯一、中国選手以外のファイナリストとなった 23日の準決勝は、地元テレビ局CCTV5の中継時間に合わせて、正午からの昼の部(10試合中5試合)に、中国選手対外国選手の4試合すべてが組み込まれた 平田・橋本組の対戦相手、チャイ・ビャオ/グオ・ツェンドン組(世界41位)は、来年のロンドン五輪を見据えた中国バドミントン協会(CBA)による選手組み換えで今年新たに結成されたペア。世界ランクはまだそれほど高くないが、1月のマレーシアオープンスーパーシリーズ(SS)でいきなり優勝を果たすなど、実力は世界トップクラスだ

Continue reading