Archive | JapanLeague RSS feed for this section

Top League in Japan about to start from Kumamoto under tight schedule

日本のバドミントントップリーグ「S/Jリーグ」があす4日、熊本で開幕する。今シーズンは、後半戦の日程が世界バドミントン連盟(BWF)の定めた上位国際大会のスケジュールと大きく重なるため、これまでに増して、各チームの総合力が試される Advertisements

Continue reading

Corporate League in Japan and Professional Leagues in Asia

S/Jリーグ(旧日本リーグ)は、29日までに13日間の全日程の内、9日を消化し、残りは2月の4日間(4、5、11、12日)となった。個々の会場では運営者側の尽力などで、変化の兆しがみられる。ただ全体的には、アジアで盛んになっているプロリーグに比べ、とりわけ観戦スポーツとしての人気拡大につなげる運営手法や集客の働きかけは従来のやり方を脱し切れておらず、新たな試みを続けるアジアを先導するところまでは至っていない

Continue reading

Kento takes over TAGO’s duty as the ace of team in JapanLeague

2014年日本リーグ最終戦が28日、東京代々木第2体育館で行われ、ここまで負けなしできたNTT東日本の男女がこの日も勝ち、そろって全勝優勝を成し遂げた。男子は2008年以来6年ぶり、女子は初の栄冠となる。最高殊勲選手には、NTT東日本の男女のエースである桃田賢斗選手と三谷美菜津選手が選出された 男子は、田児賢一選手からチームのエースの座を引き継ぐ格好となった桃田選手が、7試合すべてに出場。

Continue reading

UK and KL to introduce new Leagues as game-changers

2014年日本リーグは9月13~14日、富山県高岡大会で幕を開けた。注目は、今季限りでチームが消滅するルネサス。来春以降、同じ熊本県に本拠を置く企業「再春館製薬所」に引き継がれることが決まっているが、有終の美を飾るべく、初優勝した2012年以来の優勝を狙う覚悟で臨んでいる。一方、世界では今月と来月、新たに2つのリーグが始動する。英国ナショナルバドミントンリーグ(NBL)とマレーシアパープルリーグ(MPL)だ。さらなるバドミントンの発展と促進のため、新たなフォーマットを採用し、テレビやインターネットを通じた視聴を強く意識した、これまでにない競技の「魅せ方」に挑戦する

Continue reading

UNISYS bags double crown in Japan League 2013

9月28日に開幕した2013年日本リーグは12月29日最終戦を迎え、男女とも日本ユニシスの優勝で幕を閉じた。男子は決勝で敗れた一昨年、昨年の雪辱を果たし、女子は2010,11年の連覇から一転、4位に沈んだ昨年から浮上してのタイトル奪取となった 最終戦では男女とも、ポイントゲッターの第1ダブルス、早川賢一・遠藤大由組、高橋礼華・松友美佐紀組が敗れる波乱のスタート。しかし、シングルスの坂井一将、高橋沙也加両選手がそれぞれファイナルゲームまでもつれる接戦をものにして後ろにつなぐと、第2ダブルスの数野健太・井上拓斗組と栗原文音・篠谷菜留組がきっちり仕事をこなして、2010年以来のアベック優勝を飾った

Continue reading