10 shuttlers from Japan ready for flying to Guangzhou

世界バドミントン連盟(BWF)は30日、ワールドツアーファイナルの出場資格を得た選手のうち、ケガによる辞退を表明したカロリナ・マリン以外を確認したと明かした。日本からは昨年の12人は下回るものの、男女合わせて10人が出場する

男子は、◆桃田賢斗◆遠藤大由◆渡辺勇大――の3人。女子は、◆奥原希望◆山口茜◆高橋礼華◆松友美佐紀◆永原和可那◆松本麻佑◆東野有紗――の7人。

このうち、2007年から昨年まで続いたスーパーシリーズ(SS)ファイナルを含む、「ファイナル」初出場者は4人。女子ダブルスの永原・松本は、ツアーランキングの対象外となる大会ながら、8月の世界選手権優勝により、自動的に特別枠(ワイルドカード)での出場権を得ていた

ただ、ワールドツアーでも、◆フレンチオープン(SUPER750)◆スペインマスターズ(SUPER300)――の優勝2回、◆インドネシアオープン(SUPER1000)◆中国オープン(SUPER1000)◆中国・福州オープン(SUPER750)――の準優勝3回と好成績を収め、高橋・松友、福島由紀・廣田彩花に続く、ツアーランキング3位に入った

混合ダブルスの渡辺・東野は、全英オープン(SUPER1000)、香港オープン(SUPER500)での2度の優勝を含む、安定した結果を継続的に積み重ねて、堂々2位で「ファイナル」デビューを果たす。渡辺は、遠藤と組む男子ダブルスでも今回が初出場。一方、遠藤は早川賢一とのペアで、SSファイナルに4度(2012~15年)出場し、初めて出場した2012年に準優勝の結果を収めている

また、ファイナルタイトル保持者のうち、2014年日本勢史上初優勝を遂げた高橋・松友は2年ぶり、15年にシングルスで男女同時優勝を果たした桃田奥原はともに3年ぶりの出場。昨年優勝の山口のみ、連続出場となる

一方、ケガを理由に出場を辞退した女子シングルス世界選手権覇者カロリナ・マリンに代わり、ツアーランク10位につける中国2番手のホー・ビンジャオが繰り上がりで出場権を得た。1つ上の9位に日本3番手の高橋沙也加がいるが、ファイナル出場枠は、種目ごとに各国・地域に最大2つまでと制限がかけられているため、繰り上げの対象から除外される

追記:その後、ホー・ビンジャオもケガを理由に出場を辞退。アメリカのツァン・ベイウェンが繰り上がりで、女子シングルス最後の枠に入った

 

ファイナル出場確定者(30日時点、※は世界選手権覇者)

【男子シングルス】

1)  チョウ・ティエンチェン (Taiwan)                   96890 pts

※2)  桃田賢斗 (Japan)                   86370 pts

3)  トミー・スギアルト (Indonesia-1)                   78000 pts

4)  シー・ユーチ (China)                   73540 pts

5)  ソン・ワンホ (Korea)                   67900 pts

6)  カンタポン・ワンチャロン (Thailand)                   66680 pts

7)  サミール・ヴェルマ (India)                   66620 pts

8)  アンソニー・シニスカ・ギンティン (Indonesia-2)                   66610 pts

-----------------------------------

▼次点=9)  西本拳太 (Japan)                   66300 pts

 

【女子シングルス】

1)  タイ・ツーイン (Taiwan)                   93090 pts

2)  奥原希望 (Japan-1)                   90730 pts

3)  山口茜 (Japan-2)                   86860 pts

4)  チェン・ユーフェイ (China-1)                   79340 pts

5)  ラッチャノク・インタノン (Thailand)                   76210 pts

6)  プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ (India)                   72620 pts

【出場辞退】※7)  カロリナ・マリン (Spain)                   70550 pts

8)  ミッシェル・リ (Canada)                   70180 pts

-----------------------------------

9)  高橋沙也加 (Japan-3)                   67090 pts

【繰り上げ―辞退】10)  ホー・ビンジャオ (China-2)                   66950 pts

【繰り上げ】11)  ツァン・ベイウェン (USA)                   64150 pts

 

【男子ダブルス】

1)  マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ (Indonesia-1)                    108400 pts

2)  チェン・フンリン/ワン・チリン (Taiwan-1)                   80410 pts

3)  リャオ・ミンチュン/スー・チンヘン (Taiwan-2)                   77120 pts

4)  ツォウ・ハオドン/ハン・チェンカイ (China-1)                   75440 pts

5)  アンダース・スカールプ・ラスムセン/キム・アストルプ・ソレンセン (Denmark)                   68920 pts

6)  ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン (Indonesia-2)                   67900 pts

7)  遠藤大由・渡辺勇大 (Japan)                   67890 pts

※10)  リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイ (China-2)                   64800 pts

-----------------------------------

▼次点=8)  園田啓悟・嘉村健士 (Japan)                   67600 pts

 

【女子ダブルス】

1)  高橋礼華・松友美佐紀 (Japan-1)                   96680 pts

2)  福島由紀・廣田彩花 (Japan-2)                   95900 pts

※3)  永原和可那・松本麻佑 (Japan-3)                   85960 pts

4)  グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ (Indonesia)                   79770 pts

5)  ラウィンダ・プラジョンジャイ/ジョンコンパン・キッティハラクン (Thailand)                   79660 pts

6)  シン・スンチャン/イ・ソヒ (Korea)                   70870 pts

7)  ステファニ・ストエバ/ガブリエラ・ストエバ (Burgalia)                   70710 pts

8)  チェン・チンチェン/ジア・イーファン (China-1)                   67410 pts

9)  櫻本絢子・髙畑祐紀子 (Japan-4)                   67010 pts

10)  米元小春・田中志穂 (Japan-5)                   65120 pts

11)  リ・インフェイ/ドゥ・ユエ (China-2)                   63280 pts

-----------------------------------

▼次点=13)  サラ・ティゲセン/マイケン・フォイヤーゴール (Denmark)        59760 pts

 

【混合ダブルス】

1)  ツェン・シウェイ/ホワン・ヤチオン (China-1)                 104820 pts

2)  渡辺勇大・東野有紗 (Japan)                   83970 pts

3)  デチャポン・プアバラヌクロー/サプシリー・テラッタナチャイ (Thailand)                   81060 pts

4)  チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン (Malaysia-1)                   76340 pts

5)  ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン (China-2)                   75080 pts

6)  ハフィズ・ファイザル/グロリア・エマヌエル・ウィジャジャ (Indonesia)                   73590 pts

7)  ゴー・スーンフアト/シェボン・ジェミー・ライ (Malaysia-2)                   72270 pts

8)  マーカス・エリス/ローレン・スミス (England)                   65310 pts

-----------------------------------

▼次点=10)  タン・チュンマン/ツェ・インシュー (Hong Kong)                   63660 pts

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: