Japanese World champions make finals together

中国・福州オープン(SUPER750)準決勝、世界チャンピオンの称号を持つ日本選手4人、奥原希望桃田賢斗永原和可那・松本麻佑が揃って決勝に進み、タイトル獲りに挑む

A代表が主戦場とする「SUPER500」同等以上の大会で、4人が今シーズン決勝まで進んだ回数は、◆奥原:4回(タイオープン、ジャパンオープン、韓国オープン、中国・福州オープン)◆永原・松本:5回(インドネシアオープン、世界選手権、中国オープン、フレンチオープン、中国・福州オープン)、◆桃田:8回(アジア選手権、マレーシアオープン、インドネシアオープン、世界選手権、ジャパンオープン、中国オープン、デンマークオープン、中国・福州オープン)――。全員がひとつの大会で最終日に残るのは、今回が初めて

Nozomi OKUHARA ~2017 WS champion @archives

2017年世界選手権・グラスゴー大会で世界タイトルを獲った奥原は、中国2番手のホー・ビンジャオと今シーズン4度目の対戦。準々決勝でインドのプサルラ・ヴェンカタ・シンドゥを破っており、自国開催の大会で好調さがうかがえたが、いざふたを開けてみると、所要時間40分に満たない奥原のストレート勝ち。負けなしの相手に、今回もきっちり勝利した

決勝では、現世界チャンピオンでリオデジャネイロ五輪金メダリスト、スペインのカロリナ・マリンから初勝利を挙げたホスト国のエース、チェン・ユーフェイと、今シーズン最後の「SUPER750」のタイトルを争う

Kento MOMOTA ~2018 MS champion @archives

18年南京大会優勝の桃田は、前月フレンチオープン準決勝で敗れたリオ五輪金メダルの中国チェン・ロンをフルゲームの末に降した。最終日の相手は、中国シー・ユーチをアジア大会(団体戦)に続いて破った、このところ調子が上向いている台湾チョウ・ティエンチェン。デンマークオープン決勝の再戦となる

Wakana NAGAHARA / Mayu MATSUMOTO ~2018 WD champion @archives

同じく今年8月世界制覇を果たした永原・松本は、未だ勝ったことがない韓国キム・ソヨン/チェ・ユジョンに挑んだ。2回戦で中国のエースペア、チェン・チンチェン/ジア・イーファンをストレートで降して上がってきた相手に先にゲームポイントを握られるが、逆転(24-22)でオープニングゲームを取ると、第2ゲームは後半引き離して初勝利を挙げた

大会最終日も、準決勝もう1つの試合でリオ五輪金メダルの高橋礼華・松友美佐紀を破った韓国シン・スンチャン/イ・ソヒから、初白星を狙う

一方、ベスト4に中国3ペアが残った混合ダブルスで、包囲網突破を狙った渡辺勇大・東野有紗は、今シーズン4戦4敗の難敵ワン・イーリュ/ホワン・ドンピンにまたも跳ね返され、決勝進出ならず

インドネシアのタントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチルが今大会を最後に退いた後、さらに中国支配が進むことが予想されるこの種目、中国勢、とりわけ未だ勝てないこのペアの切り崩しは、前進を続ける若き日本のエースペアにとって、クリアしなければならない課題となる

 

準決勝の結果

【男子シングルス】

桃田賢斗(第1シード)<19-21,21-17,21-17>チェン・ロン(中国、第6シード)

シー・ユーチ(中国、第2シード)<11-21,10-21>チョウ・ティエンチェン(台湾、第4シード)

【女子シングルス】

奥原希望(第7シード)<21-13,21-13>ホー・ビンジャオ(中国、第8シード)

チェン・ユーフェイ(中国、第4シード)<11-21,21-15,21-13>カロリナ・マリン(スペイン、第5シード)

【男子ダブルス】

マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア、第1シード)<17-21,21-18,21-14>ツァン・ナン/リュウ・チェン(中国、第3シード)

ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア)<14-21,15-21>タン・チエン/ホー・ジティン(中国)

【女子ダブルス】

永原和可那・松本麻佑(第5シード)<24-22,21-16>キム・ソヨン/チェ・ユジョン(韓国)

高橋礼華・松友美佐紀(第2シード)<16-21,12-21>シン・スンチャン/イ・ソヒ(韓国、第7シード)

【混合ダブルス】

ツェン・シウェイ/ホワン・ヤチオン(中国、第1シード)<21-12,21-12>ホー・ジティン/ドゥ・ユエ(中国)

ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第2シード)<21-14,21-6>渡辺勇大・東野有紗(第8シード)

 

決勝の対戦カード

【男子シングルス】桃田賢斗(第1シード)対チョウ・ティエンチェン(台湾、第4シード)

【女子シングルス】チェン・ユーフェイ(中国、第4シード)対奥原希望(第7シード)

【男子ダブルス】マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア、第1シード)対タン・チエン/ホー・ジティン(中国)

【女子ダブルス】永原和可那・松本麻佑(第5シード)対シン・スンチャン/イ・ソヒ(韓国、第7シード)

【混合ダブルス】ツェン・シウェイ/ホワン・ヤチオン(中国、第1シード)対ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第2シード)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: