Ayaka/Misaki and Nozomi shine at All England by defeating Chinese rivals

Ayaka and Misaki

Ayaka TAKAHASHI / Misaki MATSUTOMO ~photo courtesy of Badminton England (Badminton Photo)

全英オープンSSプレミア決勝、女子シングルスの奥原希望選手と女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組がともに中国選手を破って初優勝。昨年の1回戦負けから一転、五輪イヤーの今年、大躍進を遂げた。一方、安定した強さで3度目の決勝に進んだ男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組だったが、ロシアの壁に阻まれ、3たび優勝を逃した

上位大会SSで何度も決勝に進み、2014年ジャパンオープン、14年SSファイナル、15年インドオープンと3度優勝。世界で勝てる実力と実績を備えた高橋・松友組だが、これまで思い通りの結果を残せてこなかったメジャー大会が、世界選手権とこの全英オープンだ。全英には2010年から連続出場しているが、最高成績は2014年のベスト4どまり。第2シードで臨んだ昨年は、ケガの影響があったとはいえ、1回戦負けに終わっている

ただ五輪イヤーの今年は事前の準備態勢が違った。年始の日本代表強化合宿を終えると、A代表の中でもあえてランキングポイントを稼ぐため追加の大会に出場する必要のない立場にいながら、世界バドミントン連盟(BWF)の大会スケジュール変更に伴い昨シーズン初め、難しさを経験した、国際舞台での試合勘を取り戻す目的で、主戦場とするSSより1つ下の大会、マレーシアマスターズグランプリ(GP)ゴールドにエントリー。そこで決勝まで勝ち進み、昨年末、初めて対戦し敗れた中国ユー・ヤン/タン・ユエンティン組を下して優勝するという成果も得た。翌2月にはアジア団体選手権で出場した5試合すべてに勝利。決勝の中国戦では、五輪レースで対戦することはない組み替えペアを寄せ付けず、ユー・ヤン、ティエン・チン、ルオ・イン、ルオ・ユー、タン・ユエンティンという主要なライバルである中国ダブルス陣の前でその強さを印象付けた

今大会、組み合わせが出た時点から高橋・松友組が最初のターゲットとして意識していた中国ペアが、準々決勝でぶつかったロンドン五輪金メダルのツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組。久々の顔合わせだったが、ゲームカウント2対1で勝利。続く準決勝では、昨年末SSファイナルで敗れた世界1位のルオ・イン/ルオ・ユー組と対戦したが、今回は一蹴した。そして決勝で対峙したユー・ヤン/タン・ユエンティン組。1月のマレーシアマスターズで初めて勝利した直後から、「次に対戦する時は研究され色々な作戦を講じてくる。さらに難しい相手になる」との認識を示し、気を引き締めていた。試合が始まると、高橋選手を軸にした中国ペアのお株を奪う連続攻撃と、松友選手が見せるベテラン、ユー・ヤン選手に劣らない前衛の動きで優勢に。第1、第2ゲームとも、とりわけ後半は相手につけいる隙を与えることなく得点を重ねていき、ストレート勝ち。全英初タイトルと、マレーシアマスターズ優勝に次ぐ今シーズン2勝目を手にした

高橋・松友組に2月、アジア団体選手権が開催されたインドで、五輪本番を迎える前の今シーズンの目標を聞いたところ、「ます、五輪レース中にSSで優勝する。このことは日本代表の中島慶コーチと約束した」ときっぱり答えた。レース中に開催されるSSは、全英オープン(プレミア)、インドオープン、マレーシアオープン(プレミア)、シンガポールオープンの4つ。同じ目標を年初に掲げ臨んだ昨年は、シーズン初戦の全英を1回戦負けで終えた後、2戦目のインドで優勝した。今年は「4大会の中でも、世界トップがすべて集まり本気で勝ちにくる全英で勝ちたい」と、一発勝負の五輪本番も想定して、狙って勝ちにいく姿勢を明確に口にしており、今回の結果はまさに有言実行となった

Nozomi Okuhara

Nozomi OKUHARA ~photo courtesy of Badminton England (Badminton Photo)

奥原選手の決勝の相手は、東日本大震災のあった2011年、決勝で廣瀬栄理子選手を破って優勝。さらに14年と、既に全英のタイトルを2度手にしている中国ワン・シーシャン選手。2月のアジア団体選手権決勝において3度目の対戦で初白星を挙げたばかりで出だしが注目されたが、第1ゲームは中盤抜け出しあっさり取る。しかし続く第2ゲームはワン選手の反撃に遭い、一度もリードを奪えぬまま落とす。ファイナルゲームもワン選手が先行する形で進むが、14-17から連続得点で追いつくと、思うようにいかない自らのプレーへのいら立ちからか、直後にワン選手がレッドカードで1点を失う。その後、19-19で並ばれても奥原選手は動揺を見せず、次の2点を続けて取り、21歳の誕生日に全英初優勝を飾った

奥原選手の今シーズン国際大会初戦は2月のアジア団体選手権。1月の大会にはエントリーしなかった。SSファイナル優勝から1カ月強、海外の選手と試合をしないことに不安はなかったのかと問うと、「確かに不安がないわけではないが、同時に試合に出ない間、自分がトレーニングで蓄えてきたものを相手にわからないわけだからイーブン」と自信を感じさせる笑みをみせた。また、SSファイナルから「凱旋」後、日本リーグ最終節で敗れ涙したことについて聞くと、「誰かに負けたのが悔しいというのではなく、SSファイナルの優勝でようやく日本でもメダル候補として期待してもらえるようになったのに、それを自ら逆に戻してしまうような感じになったことが悔しかった」とさばさばした表情で説明した。苦い思いをした日本リーグの直後に出場したアジア団体選手権で4戦全勝。さらにドイツオープンGPゴールドでベスト4、そして今回の全英オープン優勝と、国際大会で明確な結果を残し、いったん離れかけた日本での自分への信頼と期待を、自らの手で再び引き戻した

HAYAKAWA-ENDO

Kenichi HAYAKAWA / Hiroyuki ENDO ~photo courtesy of Badminton England (Badminton Photo)

この日の最終種目、男子ダブルスに登場の早川・遠藤組にとって、全英の決勝は2013、14年に続き2年ぶり3度目。2回戦で前月アジア団体選手権決勝で敗れたインドネシアペアにリベンジ。最大の山場とみられた準々決勝、第3シードの中国フー・ハイファン/ツァン・ナン組にストレート勝ちすると、準決勝の相手マレーシアペアもストレートで下して、いい流れで勝ち上がった。対するロシアのウラジミール・イワノフ/イワン・ソゾノフ組も準決勝で第1シードの韓国イ・ヨンデ/ユ・ヨンソン組を倒す番狂わせを演じ、勢いに乗っていた。第1ゲーム、18-20と追い詰められながら、これをひっくり返した時、早川・遠藤組が全英初優勝を引き寄せたかに見えた。しかし続く2ゲームは相手の高さと勢いに押し込まれて敗れ、悔しい準優勝に終わった。勝ったイワノフ/ソゾノフ組は、SS初優勝

ただ五輪本番まで残された期間はわずかしかなく、早川・遠藤組に後ろを振り返っているひまはない。1月は試合に出ずトレーニングに充て、2月はアジア団体選手権、3月は全英と、2人にコーチらも交え話し合って決めた年間スケジュールに沿って、これからも8月のリオデジャネイロ五輪に向け準備を進めていく。次は2週間後、今月29日から始まるインド、マレーシア、シンガポールのSSアジア3連戦に挑む

男子シングルスは、中国リン・ダン選手が難なく、2004、06、07、09、12年に続く6度目の全英タイトルを獲得。北京、ロンドンに次ぐ3大会連続の五輪金メダルという偉業に挑む今シーズン、好スタートを切った

混合ダブルスでは、今大会不調のインドネシア勢の中、唯一気を吐いたプラビーン・ジョーダン/デビー・スサント組が初めて頂点に立った。とりわけ21歳ジョーダン選手が期待以上の活躍を見せ、準々決勝で世界3位の中国リュウ・チェン/バオ・イーシン組、準決勝で世界1位の中国ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組、決勝で世界6位デンマークのヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組と、格上の相手をすべてストレートで破っての快挙達成となった

決勝の結果

【男子シングルス】 リン・ダン(中国、世界4位)〈21-9,21-10〉ティエン・ホウウェイ(中国、世界8位)

【女子シングルス】 ワン・シーシャン(中国、世界5位)〈11-21,21-16,19-21〉奥原希望(世界8位)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界7位)〈23-21,18-21,16-21〉ウラジミール・イワノフ/イワン・ソゾノフ(ロシア、世界13位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界3位)〈21-10,21-12〉ユー・ヤン/タン・ユエンティン(中国、世界11位)

【混合ダブルス】 ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、世界6位)〈12-21,17-21〉プラビーン・ジョーダン/デビー・スサント(インドネシア、世界8位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: