Day 1 of Finals : Kento and Nozomi defeat Dubai’s favorites respectively

1-MS

Kento won his first match comfortably

スーパーシリーズ(SS)ファイナルが9日、ドバイで開幕。総当たりの一次リーグ初日、日本勢は桃田賢斗選手、奥原希望選手、高橋礼華・松友美佐紀組が勝ち、白星発進した。とりわけ桃田、奥原両選手は、ドバイの国籍別人口構成比で大きな割合を占めるインド人から熱烈な声援を受けるインドの男女シングルスのエースを、それぞれストレートで破った

男子シングルス桃田選手の相手は、昨年同じく初戦で対戦し敗れたインドのキダンビ・スリカンス選手。全日本総合選手権のタイトルを初めて手にした直後で、どのようなプレーをするか注目された。「(相手に対し)自信があったわけではなく、五分五分の気持ちで臨んだ」と試合後、謙遜気味に語ったが、内容的には圧倒。ゆっくりとした球回しからチャンスと見るやすかさず強打で決める緩急織り交ぜたプレーで翻弄し、終わってみれば、インドのエースに試合開始直後以外、リードを許さぬ快勝だった

桃田選手は試合後、取材に応じ、全日本総合決勝で敗れもやもやした気持ちをひきずったままこの大会に入った昨年とは違う点を強調。精神的な充実から広い視野をもって戦え、「良い入り方ができた」と自らの初戦に好評価を下した。一方、今大会のグループ分けに関しては、世界ランク1位中国チェン・ロン選手と2位デンマークのヤン・ヨルゲンセン選手のいない自分たちのグループが、決勝トーナメントに勝ち上がるのに特別有利とは思わないと指摘。とりわけ同じグループに入った同世代のライバル、デンマークのビクター・アクセルセン選手への警戒感を示した

1-WS

Nozomi beat Saina for the first time

SSファイナル初出場の奥原選手は初日、長期戦線離脱のきっかけとなった2013年1月マレーシアオープンSS準々決勝を含め、4戦して未だ勝ちのない難敵、インドのサイナ・ネワル選手に挑んだ。ドバイで人気の高いネワル選手に応援が集中するアウェーの雰囲気となったが、「事前に知人から聞いていて、覚悟はできていた」と語った通り、落ち着いた表情でコートに立ち、相手のショットをことごとく拾い続けて集中力と戦意をそぎ落としていき、ストレート勝ち。ネワル選手から初勝利を挙げるとともに、SSファイナルデビュー戦を白星で飾った

奥原選手は試合後、初めて出場資格を得た世界のトップ選手のみが招かれる本大会について、「招待選手として送迎などの待遇の良さに戸惑う部分がある」と苦笑しながら、「試合は、通常の国際大会と変わらない感じでできている」と説明した。初戦をどのように迎えたか聞くと、前週日曜に全日本総合の決勝を戦った後、同日夜遅くの便で日本を出国。ドバイに到着した月曜は桃田選手と練習。翌火曜も練習、同時に主催者が企画したブルジュハリファなどを巡るツアーにほかの国・地域の選手らと共に参加しリフレッシュして、水曜の試合に臨んだという。世界1、2位と同じグループに入ったことは、厳しいが、男子ダブルス(早川・遠藤組)よりはいいかなと思った、と笑顔で明かした上で、「もちろん一次リーグ突破は狙っているが、相手が相手なだけに1つ1つしっかり戦っていきたい」とこの後の試合に向けた抱負を述べた

1-WD

Ayaka-Misaki came Dubai for nothing but to win the title again

女子ダブルスでは初日から、高橋礼華・松友美佐紀組と福万尚子・與猶くるみ組の同国対決が組まれた。前週の全日本総合決勝と同じカードだが、ディフェンディングチャンピオンの高橋・松友組が第2ゲーム、3つのマッチポイントを握られながら追いつくねばりを見せた初出場の福万・與猶組を振り切り、勝利した

高橋、松友両選手はそれぞれ、「何かしなきゃと思ってしまい仕掛けすぎた」「少し緊張していて、1点欲しいと固くなった部分があった」と、終盤のもたついた場面への反省点を挙げながら、「それ以外は良かったと思う」(松友)と冷静に試合を振り返った。今大会の目標は、「優勝しか考えていない」ときっぱり。この背景には、昨年初めて手にしたタイトルを守るという意識ではなく、松友選手が足を痛めた9月のジャパンオープンSS以降、結果を残せていないこともあり、「日本の高橋・松友組は強い、というところを世界であらためて見せたい」という強い意地がある

1-MD

ENDO-HAYAKAWA lost to the reigning world champ

この日、日本勢1番手に登場した男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組は、今年の世界選手権を制したインドネシアのヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン組と対戦。第1ゲームを17-21で落とした後、第2ゲームは先行を許しながら19-19まで追いすがったが届かず、黒星スタートとなった

早川・遠藤組は試合後、「サーブから3球目までで、相手ののうまさにやられた」(早川)「最初から積極的にいくつもりだったが、連続得点を決めてもすぐに取り返されるなど、リズムに乗れなかった」(遠藤)と敗因を語った。一方で、2日前に行われたグループ分けの抽選会でより厳しい「死の組」に入ったことについては、「プラスに考えれば、1つの大会でこの3ペアと対戦できる良い機会」(早川)。「ドバイに来た甲斐のあるドロー」(遠藤)と前向きに受け止めていた。この大会での抱負を聞くと、「勝ちにはこだわるが、それより自分たちのプレーを試したい」。「クオリティを上げていきたい」と述べた

日本選手以外では、混合ダブルスで初日から、ディフェンディングチャンピオンの中国ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組が香港リー・チュンヘイ/チャウ・ホイワー組に、インドネシアのタントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組がイングランドのクリス・アドコック/ガブリエル・アドコック組にそれぞれ敗れる波乱があった

日本選手1日目の結果

【男子シングルス】 桃田賢斗〈21-13,21-13〉キダンビ・スリカンス(インド)

【女子シングルス】 サイナ・ネワル(インド)〈14-21,6-21〉奥原希望

【男子ダブルス】 ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア)〈21-17,21-19〉早川賢一・遠藤大由

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀〈21-16,22-20〉福万尚子・與猶くるみ

 ------------------------------------

一次リーグ1日目を終えた時点のグループ内順位(暫定)※太字はこの日の勝者

【男子シングルス】

◆グループA:【1位】チェン・ロン(中国、1勝)【2位】ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、1勝)【3位】フ・ユン(香港、1敗)【4位】ティエン・ホウウェイ(中国、1敗)

◆グループB:【1位】ビクター・アクセルセン(デンマーク、1勝)【2位】桃田賢斗(1勝)【3位】チョウ・ティエンチェン(台湾、1敗)【4位】キダンビ・スリカンス(インド、1敗)

【女子シングルス】

◆グループA:【1位】奥原希望(1勝)【2位】カロリナ・マリン(スペイン、1勝)【3位】タイ・ツーイン(台湾、1敗)【4位】サイナ・ネワル (インド、1敗)

◆グループB:【1位】ラッチャノク・インタノン(タイ、1勝)【2位】ワン・イーハン(中国、1勝)【3位】ワン・シーシャン(中国、1敗)【4位】ソン・ジヒョン(韓国、1敗)

【男子ダブルス】

◆グループA:)【1位】ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、1勝)【2位】イ・ヨンデ/ユ・ヨンソン(韓国、1勝)【3位】フー・ハイファン/ツァン・ナン(中国、1敗)【4位】早川賢一・遠藤大由(1敗)

◆グループB:【1位】マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク、1勝)【2位】ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ(中国、1勝)【3位】キム・サラン/キム・ギジョン(韓国、1敗)【4位】マッズ・コンラド・ペターセン/マッズ・ピーラー・コルディング(デンマーク、1敗)

【女子ダブルス】

◆グループA:【1位】ルオ・ユー/ルオ・イン(中国、1勝)【2位】高橋礼華・松友美佐紀(1勝)【3位】福万尚子・與猶くるみ(1敗)【4位】キム・ソヨン/チェ・ユジョン(韓国、1敗)

◆グループB:【1位】グレイシア・ポリー/ニトヤ・クリシンダ・マヘスワリ(インドネシア、1勝)【2位】ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン(中国、1勝)【3位】クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、1敗)【4位】セリーナ・ピーク/イーフィア・ムスケンス(オランダ、1敗)

【混合ダブルス】

◆グループA:【1位】リー・チュンヘイ/チャウ・ホイワー(香港、1勝)【2位】クリス・アドコック/ガブリエル・アドコック(イングランド、1勝)【3位】タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル(インドネシア、1敗)【4位】ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ(中国、1敗)

◆グループB:【1位】プラビーン・ジョーダン/デビー・スサント(インドネシア、1勝)【2位】コ・ソンヒョン/キム・ハナ(韓国、1勝)【3位】ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、1敗)【4位】リュウ・チェン/バオ・イーシン(中国、1敗)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: