Japanese shuttlers deliver good results from matches against Chinese

Akane defeated World No.2 Chinese @archives

Akane defeated World No.2 Chinese @archives

チャイナオープンSSプレミア2回戦、日本選手がアウェーの中、中国選手との対戦で好結果を残した。圧巻は女子シングルスの山口茜選手。先に試合をした廣瀬栄理子選手が敗れこの種目唯一の日本人となったが、上位大会SSで今季既に3勝している世界ランク2位ワン・シーシャン選手をストレートで破る大金星をあげた。とりわけ第2ゲームは全英オープン覇者に一度もリードを許さず、10点しか与えない快勝だった。男子シングルスの桃田賢斗選手は、前月のフレンチオープンSS準決勝で敗れた世界6位ワン・ツェンミン選手にファイナルゲーム18-13から逆転される嫌な流れになるも、最後まで気持ちを切らさず、3度目の対戦で初めて勝利した

男子ダブルスでも、早川賢一・遠藤大由組が、デンマークオープンSSプレミアで圧倒的な存在感を示し優勝したフー・ハイファン/ツァン・ナン組に第1ゲームを先取されながら、逆転勝ち。平田典靖・橋本博且組は、1回戦でアジア大会を制したインドネシアペアを破って勝ち上がってきた2013年世界ジュニアチャンピオン、リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフイ組の勢いを封じこんだ

このほかの日本勢は、男子シングルスの佐々木翔選手が、エースのドーピング問題で揺れるマレーシアに良い結果を届けたいチョン・ウェイフェン選手と互いに譲らぬ意地のぶつかりあいとなる。第1ゲームを24-26で失い、第2ゲームでマッチポイントを握られるが、これを凌ぐとファイナルゲームは一気に押し切った

女子ダブルスでは、松尾静香・内藤真実組は世界3位のデンマークペア相手に惜敗するも、世界1位の高橋礼華・松友美佐紀組と世界6位の前田美順・垣岩令佳組がそれぞれ韓国ペアを下し、ベスト4入りをかけて、昨年の今大会以来5度目となる直接対決に臨む

一方、中国は自国開催の今大会、男子シングルスで、桃田選手に屈したワン・ツェンミン選手のほか、第1シードのチェン・ロン選手、1回戦で田児賢一選手に勝ったガオ・フアン選手、桃田世代のシュエ・ソン選手の4人を相次ぎ失い、べスト8に残ったのはリン・ダン選手のみ。世界ランクで現在中国4番手のリン・ダン選手は、今年4月に国際大会に復帰して以降、唯一敗れていたデンマークのヤン・ヨルゲンセン選手を2対1で下し、リベンジを果たした。準々決勝では佐々木選手と対戦する

なお男子シングルスではこの日までに、第1~6シードがすべて姿を消した

日本選手2回戦の結果

【男子シングルス】 ワン・ツェンミン(中国、世界6位)〈19-21,21-17,19-21〉桃田賢斗(世界12位)、佐々木翔(世界19位)〈24-26,23-21,21-6〉チョン・ウェイフェン(マレーシア、世界24位)

【女子シングルス】 リュウ・シン(中国、世界17位)〈21-14,21-14〉廣瀬栄理子(世界21位)、ワン・シーシャン(中国、世界2位)〈14-21,10-21〉山口茜(世界34位※予選繰り上がり)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界4位)〈14-21,21-16,21-12〉フー・ハイファン/ツァン・ナン(中国、世界12位)、平田典靖・橋本博且(世界15位)〈21-14,21-19〉リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフイ(中国、世界20位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界1位)〈23-21,21-18〉チョン・ギョンウン/オム・ヘウォン(韓国)、前田美順・垣岩令佳(世界6位)〈21-15,21-17〉キム・ソヨン/コ・アラ(韓国)、クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界3位)〈11-21,21-18,21-14〉松尾静香・内藤真実(世界19位)

 

準々決勝の対戦カード(※これ以降、13日更新の世界ランキングを反映する)

【男子シングルス】

カシャップ・パルパリ(インド、世界17位)対マーク・ツイブラー(ドイツ、世界25位)

桃田賢斗(世界12位)対キダンビ・スリカンス(インド、世界16位)

チョウ・ティエンチェン(台湾、世界8位)対フ・ユン(香港、世界11位)

リン・ダン(中国、世界14位)対佐々木翔(世界19位)

【女子シングルス】

サイナ・ネワル(インド、世界5位)対スオ・ディ(中国、世界179位※予選繰り上がり)

ラッチャノク・インタノン(タイ、世界6位)対リュウ・シン(中国、世界17位)

ワン・イーハン(中国、世界3位)対ベ・ヨンジュ(韓国、世界8位)

スン・ユ(中国、世界19位)対山口茜(世界35位※予選繰り上がり)

【男子ダブルス】

イ・ヨンデ/ユ・ヨンソン(韓国、世界1位)対リュウ・シャオロン/チュウ・ツィハン(中国、世界8位)

コ・ソンヒョン/シン・ベクチョル(韓国、世界7位)対カイ・ユン/ルー・カイ(中国、世界31位)

早川賢一・遠藤大由(世界4位)対ツァイ・チアシン/リー・シェンム(台湾、世界5位)

ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ(中国、世界9位)対平田典靖・橋本博且(世界15位)

【女子ダブルス】

ルオ・ユー/ルオ・イン(中国、世界7位)対チャン・イエナ/ユ・ヘウォン(韓国)

クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界3位)対ユー・ヤン/ワン・シャオリ(中国、世界5位)

高橋礼華・松友美佐紀(世界1位)対前田美順・垣岩令佳(世界6位)

ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン(中国、世界4位)対グレイシア・ポリー/ニトヤ・クリシンダ・マヘスワリ(インドネシア、世界10位)

【混合ダブルス】

ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ(中国、世界1位)対リュウ・チェン/バオ・イーシン(中国、世界8位)

タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル(インドネシア、世界4位)対ツェン・シウェイ/チェン・チンチェン(中国、世界163位)

ルー・カイ/ホワン・ヤチオン(中国、世界7位)対カン・ジュン/ルオ・イン(中国※予選勝ち上がり)

シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界2位)対ユ・ヨンソン/オム・ヘウォン(韓国、世界104位※予選勝ち上がり)

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: