New champions to be born at the world meet in Copenhagen

25日に開幕が迫った世界選手権コペンハーゲン大会の組み合わせ抽選会が11日、世界バドミントン連盟(BWF)が本部を置くマレーシア・クアラルンプールで行われた。繰り上げで資格を得た上田拓馬選手ら5人を含め日本から出場するのは、男子が優勝した5月のトマス杯と同じ10人、女子が準優勝だったユーバー杯のメンバーから山口茜選手と松尾静香・内藤真実組を除き、樽野恵・新玉美郷組と三木佑里子・米元小春組を加えた11人。田児賢一選手の棄権、高橋礼華・松友美佐紀組の初戦敗退があり、期待されながら、男子ダブルスと混合ダブルスのベスト8どまりだった昨年の結果〈https://badpal.net/2013/08/10/day-5-of-wc-so-close-but-not-close-enough-to-the-medal/〉を上回り、2011年女子ダブルス3位の末綱聡子・前田美順組に続く、メダル獲得なるかが注目される

一方、昨年8月の中国・広州大会で栄冠を手にしたディフェンディングチャンピオンのうち、男子シングルスのリン・ダン選手(中国)は世界ランクが低位で出場資格を得られず。混合ダブルスのタントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組(インドネシア)は負傷により欠場を決め、既にタイトル防衛を断念した。さらに、中国が2001年以降8大会連続で保持してきた女子シングルスのタイトルを弱冠18歳で奪い取ったラッチャノク・インタノン選手(タイ)は、最近インフルエンザにかかり療養を余儀なくされ、回復したとはいえ万全の状態とは言い難く、多くの種目でチャンピオンの交代が見られそうだ

日本選手1回戦の対戦カード

【男子シングルス】 田児賢一(世界4位)対アジャイ・ジャヤラム(インド、世界72位)、桃田賢斗(世界15位)対ウェイ・ナン(香港、世界23位)、佐々木翔(世界17位)対オスレニ・ゲレロ(キューバ、世界57位)、ティエン・ホウウェイ(中国、世界13位)対上田拓馬(世界25位)

【女子シングルス】 高橋沙也加(世界13位※1回戦不戦勝)、廣瀬栄理子(世界15位※1回戦不戦勝)、三谷美菜津(世界16位※1回戦不戦勝)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界4位※1回戦不戦勝)、平田典靖・橋本博且(世界14位※1回戦不戦勝)、園田啓悟・嘉村健士(世界18位)対カン・ジュン/リュウ・チェン(中国、世界28位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界3位※1回戦不戦勝)、前田美順・垣岩令佳(世界7位※1回戦不戦勝)、アメリア・アリシア・アンシェリー/スーン・フィエチョ(マレーシア、世界23位)対樽野恵・新玉美郷(世界28位)、三木佑里子・米元小春(世界44位)対ライ・チアウェン/チェン・シャオフアン(台湾、世界66位)

【混合ダブルス】 早川賢一・松友美佐紀(世界14位※1回戦不戦勝)、プラビーン・ジョーダン/デビー・スサント(インドネシア、世界30位)対橋本博且・前田美順(世界31位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: