No match goes beyond one hour under new scoring system 11×5

ブラジルオープングランプリ(GP)が、5~10日に開催された。2年後に迫ったオリンピックの開催都市、リオデジャネイロで行われた大会であると同時に、世界バドミントン連盟(BWF)が期間限定(8~10月)での試験実施を決めた新しい得点システム、11点5ゲーム制を採用する最初の国際大会として注目を集めた

結果は、予選を含む6日間の全日程を通じて1時間を超える試合が1つもなく、BWFが提唱する、新たなファン獲得に向けたテレビ放映などをにらんだ試合時間短縮の目的はクリアした。ちなみに、この大会で最長試合となったのは、女子シングルス準々決勝の日本人対決、佐藤冴香土井杏奈。ファイナルゲームまでもつれた一戦(10-11,11-8,11-9,9-11,11-7)の所要時間は59分だった

女子シングルスに出場した日本選手4人のうち、準優勝した今別府香里選手は大会終了後、11点5ゲーム制について、「思ったよりやりにくくはなかった。ただ結局、最後までもつれると長いということは分かった(笑)」とコメントした。またベスト16だった櫻本絢子選手は「やりやすい。ただ、出だしが重要になってくるのでウォーミングアップを今まで以上にしっかりやった」と説明した

女子ダブルスでは、第1シードに入った米国のパウラ・リン・オバニャナ選手が BadPaL に対し、「試合展開がすごく速いと感じた」と答えている

11点5ゲーム制はブラジルに続いて、12日にジャカルタで開幕する下位大会インドネシアインターナショナルチャレンジで試験実施される。この大会、日本選手は全種目にエントリーしている

ブラジルオープンGP決勝の結果

【男子シングルス】 ディーター・ドンケ(ドイツ、世界49位)〈11-7,11-6,6-11,8-11,7-11〉スコット・エバンス(アイルランド、世界64位)

【女子シングルス】 ツァン・ベイウェン(米国、世界21位)〈6-11,11-5,4-11,11-8,11-9〉今別府香里(世界60位)

【男子ダブルス】 アンドレアス・ハインツ/ラファエル・ベック(ドイツ、世界138位)〈9-11,6-11,4-11〉マックス・シュワンガー/ヨッシェ・ツルヴォンネ(ドイツ、世界168位)

【女子ダブルス】 ガブリエラ・ストエバ/ステファニ・ストエバ(ブルガリア、世界24位)〈5-11,7-11,11-4,10-11〉カーラ・ネルテ/ヨハナ・ゴリツェウスキ(ドイツ、世界90位)

【混合ダブルス】 マックス・シュワンガー/カーラ・ネルテ(ドイツ、世界28位)〈10-11,10-11,11-10,11-8,11-7〉サム・マギー/クロエ・マギー(アイルランド、世界37位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: