No match goes beyond one hour under new scoring system 11×5

ブラジルオープングランプリ(GP)が、5~10日に開催された。2年後に迫ったオリンピックの開催都市、リオデジャネイロで行われた大会であると同時に、世界バドミントン連盟(BWF)が期間限定(8~10月)での試験実施を決めた新しい得点システム、11点5ゲーム制を採用する最初の国際大会として注目を集めた 結果は、予選を含む6日間の全日程を通じて1時間を超える試合が1つもなく、BWFが提唱する、新たなファン獲得に向けたテレビ放映などをにらんだ試合時間短縮の目的はクリアした。ちなみに、この大会で最長試合となったのは、女子シングルス準々決勝の日本人対決、佐藤冴香対土井杏奈。ファイナルゲームまでもつれた一戦(10-11,11-8,11-9,9-11,11-7)の所要時間は59分だった

Day 2 of WC : Sayaka and Kaori make their debut in the prestige event

世界選手権2日目、女子シングルスと男子ダブルスの1回戦、混合ダブルスの2回戦が行われ、日本勢は世界選手権デビューの女子シングルス、高橋沙也加、今別府香里両選手がオリンピックと同等の権威ある大会で初勝利を上げた 男子ダブルスは、平田典靖・橋本博且組が格下のメキシコペアを寄せ付けずに快勝。一方、いずれもシードペアとの対戦となった混合ダブルスでは、早川賢一・松友美佐紀組が世界ランク14位のデンマークペアにストレート勝ちし3回戦に進んだが、橋本博且・前田美順組は世界6位のインドネシアペアから第1ゲームを奪うも逆転で敗れ、明暗が分かれた 以下は、この日 BadPaL の取材に応じた日本選手のコメント