Last SS Premier of this year begins in Shanghai

今年最後のスーパーシリーズ(SS)プレミア、チャイナオープンが中国・上海で開幕し、13日、各種目の1回戦が行われた。日本のシングルス勢は、男子が本戦に登場した田児賢一上田拓馬佐々木翔桃田賢斗の4選手そろって勝ち上がった。中でも唯一、世界ランク上位との対戦になった桃田選手は、ドイツのマーク・ツイブラー選手からストレート勝ちを収めた。一方、女子は、予選から勝ち上がった奥原希望選手を含む6人のうち、2回戦に進んだのは高橋沙也加選手ただ1人という、男子とは対照的に厳しい結果となった

男子ダブルスは出場4組中、早川賢一・遠藤大由園田啓悟・嘉村健士平田典靖・橋本博且の3組が勝利。女子ダブルスは、この日唯一試合のあった前田美順・垣岩令佳組がファイナルゲーム、14-18の劣勢をひっくり返して勝ち、シードの高橋礼華・松友美佐紀組、相手棄権により不戦勝となった樽野恵・新玉美郷組とともにそろって2回戦に進んだ。ただその結果として、あすの2回戦では、早川・遠藤組と園田・嘉村組、高橋・松友組と前田・垣岩組がそれぞれ対戦する

混合ダブルスは、橋本博且・前田美順組が若い中国ペアにストレート勝ちしたが、早川賢一・松友美佐紀組は、世界6位のタイのベテラン、スッケー・プラパカモン/サラリー・トウントンカム組にファイナルゲームで競り負けた

Nozomi OKUHARA

Nozomi’s last match was in KL on 18 Jan.2013

なお、前日の予選で、アジアジュニア選手権銅メダルの中国チン・ジンジン選手を破り、約10カ月ぶりとなる国際大会復帰戦を白星で飾った奥原希望選手がこの日、左ひざ負傷により長期の戦線離脱を余儀なくされた最後の試合、1月のマレーシアオープンSSの準々決勝で対戦し敗れたインドのサイナ・ネワル選手と再び対峙。勝ちには結びつかなかったものの、第2ゲーム、リードされながら19-19まで詰め寄るなど、復調に向けた一歩を踏み出した

CHEN XiaoJia

XiaoJia’s last match was in HK on 22 Nov.2012

奥原選手と同様、昨年11月の香港オープンSSで足を負傷し、国際大会から遠のいていた中国のチェン・シャオジア選手も、世界チャンピオンのラッチャノク・インタノン選手を相手にファイナルゲームまで持ち込む接戦を演じ、復帰を果たした

日本選手1回戦の結果

【男子シングルス】 田児賢一(世界3位)〈24-22,21-17〉シュエ・ソン(中国、世界76位※予選勝ち上がり)、上田拓馬(世界14位)〈18-21,21-10,21-11〉アナンド・パワル(インド、世界30位)、佐々木翔(世界23位)〈21-8,21-17〉ウラジミール・イワノフ(ロシア、世界37位※予選勝ち上がり)、マーク・ツイブラー(ドイツ、世界13位)〈18-21,16-21〉桃田賢斗(世界28位)

【女子シングルス】 ワン・イーハン(中国、世界3位)〈21-14,21-18〉三谷美菜津(世界11位)、廣瀬栄理子(世界14位)〈14-21,18-21〉アルンダティ・パンタワネ(インド、世界47位)、高橋沙也加(世界15位)〈21-13,16-21,22-20〉デン・スエン(中国、世界32位)、イップ・プイイン(香港、世界22位)〈21-12,27-25〉橋本由衣(世界27位)、リ・シュエリ(中国、世界1位)〈21-12,21-13〉今別府香里(世界37位)、サイナ・ネワル(インド、世界7位)〈21-14,21-19〉奥原希望(世界108位※予選勝ち上がり)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界4位)〈21-9,21-10〉モハド・ザクリ・アブドゥル・ラティフ/モハド・ファイルジズアン・モハド・タザリ(マレーシア、世界20位)、園田啓悟・嘉村健士(世界16位)〈21-14,21-12〉ピーター・ カエスバウアー/ジョシェ・ズルウォン(ドイツ、世界43位)、平田典靖・橋本博且(世界18位)〈21-19,23-21〉リアン・ジュイウェイ/リャオ・クアンハオ(台湾、世界25位)、佐伯祐行・垰畑亮太(世界42位)〈11-21,12-21〉コ・ソンヒョン/シン・ベクチョル(韓国、世界111位)

【女子ダブルス】 前田美順・垣岩令佳(世界15位)〈21-15,14-21,21-18〉タン・ユエンティン/オウ・ドンニ(中国、世界61位)、樽野恵・新玉美郷(世界55位)〈棄権〉シン・スンチャン/オム・ヘウォン(韓国、世界331位)

高橋礼華・松友美佐紀(世界4位)はシードのため2回戦から

【混合ダブルス】 スッケー・プラパカモン/サラリー・トウントンカム(タイ、世界6位)〈21-17,21-23,21-14〉早川賢一・松友美佐紀(世界20位)、橋本博且・前田美順(世界26位)〈21-16,21-18〉カン・ジュン/オウ・ドンニ(中国、世界125位)

 

日本選手2回戦の対戦カード

【男子シングルス】 田児賢一(世界3位)対ソニー・ドゥイ・クンチョロ(インドネシア、世界15位)、上田拓馬(世界14位)対ダレン・リュー(マレーシア、世界29位)、ドゥ・ペンユ(中国、世界4位)対佐々木翔(世界23位)、カシャップ・パルパリ(インド、世界12位)対桃田賢斗(世界28位)

【女子シングルス】 ポーンティップ・ブラナプラサーツク(タイ、世界13位)対高橋沙也加(世界15位)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界4位)対園田啓悟・嘉村健士(世界16位)、キム・サラン/キム・ギジョン(韓国、世界7位)対平田典靖・橋本博且(世界18位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界4位)対前田美順・垣岩令佳、バオ・イーシン/ツォン・チエンシン(中国、世界51位)対樽野恵・新玉美郷(世界55位)

【混合ダブルス】 タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル(インドネシア、世界2位)対橋本博且・前田美順(世界26位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: