Night before Sudirman : Kento awarded Promising Player

Dr. Kang Young Joong (left) introduces his successor, newly elected BWF President Poul-Erik Hoyer, to the media at a Press conference following the BWF Annual General Meeting

Dr. Kang Young Joong (left) introduces his successor, newly elected BWF President Poul-Erik Hoyer, to the media ~photo courtesy of BWF

世界バドミントン連盟(BWF)はスディルマン杯開幕前日の18日、本部を置くマレーシア・クアラルンプールで開いた年次総会でBWF会長選挙を行い、デンマークのポール・エリック・ホイヤー氏を新たな代表に選出した。対抗馬に立ったインドネシアのジャスティアン・スハンディナタ氏との間でヨーロッパ対アジアの構図となったが、145対120(無効票1)で、1996年アトランタ五輪男子シングルス金メダリストで現在、バドミントンヨーロッパの会長を務めるホイヤー氏に軍配が上がった

~photo courtesy of BAC

Mohd Nadzmi bin Mohd Salleh (center) accepted to become new BAC president last March ~photo courtesy of BAC

2005年から2期8年、会長職に就いている韓国のカン・ヨンジュン氏が、続投しないと意思表示してから本格化した今回の選挙戦、当初は2人のほか、マレーシアバドミントン協会(BAM)会長のモハド・ナズミ・ビン・モハド・サレ氏も名乗りを上げていた。しかし3月に入り、アジアバドミントン連盟(BAC)から、籾井勝人会長解任に伴う後任として白羽の矢を立てられ、これを了承。BWF会長選への立候補を辞退したことから、ホイヤー、スハンディナタ両氏による一騎打ちとなっていた

Promising Player ~photo courtesy of BWF

The Most Promising Player ~photo courtesy of BWF

一方、BWFはこの日夜に行われたレセプションで、2012年に活躍した選手の表彰を行った。このうち「最も有望な選手」の部門では、アジアジュニア選手権と世界ジュニア選手権を制した桃田賢斗選手が選ばれた。同部門でノミネートされていたのは、台湾のタイ・ツーイン選手、タイのラッチャノク・インタノン、ブサナン・ウンバンルンパン両選手、デンマークのビクター・アクセルセン選手、奥原希望選手。リオデジェネイロ五輪を狙う10代のそうそうたる顔触れの中にあって、価値ある受賞となった

BWFはこのほか、2012年最優秀男子選手、最優秀女子選手にいずれも中国のカイ・ユン/フー・ハイファン組、ワン・イーハン選手を選出した

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: