New season 2013 about to begin in Korea (revised)

今シーズン初戦の韓国オープンスーパーシリーズ(SS)プレミアが8日、ソウルで開幕する。この大会は賞金総額100万ドル、オリンピックと世界選手権に続く最上位に位置付けられる年5回開催のSSプレミアの1つ。ただ、2005年から世界バドミントン連盟(BWF)会長を務める韓国のカン・ヨンジュン氏が5月で退任するのと時を同じくして、来年にはSSへの降格が決まっており、この規模で開催されるのは今年が最後となる

日本からは、新生ナショナルチームのメンバーのうち、世界ランク上位につけているシングルス4人、ダブルス6組がエントリー。このうちロンドン五輪代表(全11人)は、田児賢一前田美順垣岩令佳の3選手のみ(エントリーしていた佐々木翔選手は直前になって出場取りやめ)

地元韓国からは、ロンドン五輪で失格処分を受け、韓国バドミントン協会(BKA)によりナショナルチームでの活動停止を科されている女子ダブルス2ペアのうち、キム・ハナ/チョン・ギョンウン組が国際大会に復帰する。もう1つのキム・ミンジョン/ハ・ジョンウン組はエントリーしていない。男子ダブルスでは、ロンドン五輪で銅メダルを獲得したチョン・ジェソン選手の引退を受け新たに結成されたイ・ヨンデ/コ・ソンヒョン組が、昨年12月に記録した3週連続優勝に続く4つ目(通算5つ目)の国際タイトルを狙う

中国は、賞金額が最大で世界ランク上位選手に出場義務が課されるSSプレミアである今大会に、ロンドン五輪男子シングルス金メダルのリン・ダン選手を除く主力選手を送り込んだ。一方で、次週開催のマレーシアオープンSSには、中国バドミントン協会(CBA)が計画する1カ月余り続く冬季集中トレーニングを理由に、多くの選手の派遣を見送った。なお来年以降は、マレーシアオープンがSSからSSプレミアに格上げされるため、韓国オープンとの位置付けが逆転する

日本選手1回戦の対戦相手は以下の通り

【男子シングルス】 田児賢一(世界6位)対ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、世界11位)、ハンス・クリスチャン・ビティングス(デンマーク、世界20位)対上田拓馬(世界29位)

【女子シングルス】 三谷美菜津(世界11位)対ブサナン・ウンバンルンパン(タイ、世界17位)、廣瀬栄理子(世界12位)対グ・ジュアン(シンガポール、世界16位)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界4位)対フーン・ティエンハウ/タン・ウィーキョン(マレーシア、世界10位)、平田典靖・橋本博且(世界9位)対マーカス・エリス/ポール・ヴァン・リートベルデ(イングランド/スコットランド、世界50位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界7位)対アナスタシア・チェルバイコワ/タチアナ・ビビク(ロシア、世界40位)、前田美順・垣岩令佳(世界6位/9位)対ペトヤ・ネデルチェワ/ディミトリア・ポプストイコワ(ブルガリア、世界74位)

【混合ダブルス】 早川賢一・松友美佐紀(世界26位)対橋本博且・前田美順(※予選勝ち上がり)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: