Three Men lose but Three Women win in Bangkok

タイオープングランプリ(GP)ゴールド、男子シングルスの1回戦と2回戦、女子シングルスと混合ダブルスの1回戦が行われた。日本選手では今大会シードに入った上田拓馬選手が1回戦で、武下利一選手と和田周選手がいずれも2回戦で敗れ、男子シングルス勢が早々に姿を消した

女子シングルス陣はエントリーした三谷美菜津今別府香里奥原希望の3選手すべてが2回戦に勝ち上がった。中でも奥原選手(世界82位)は、第6シードのチャン・ツーカ選手(香港、世界31位)を抑え込み、21-7,21-12とストレート勝ちした

混合ダブルスには今回、日本選手はエントリーしていない

スーパーシリーズ(SS)より下位に位置づけられる今大会(GPゴールド)には、ホスト国タイを除き、日本をはじめ主要国・地域のほとんどがロンドン五輪出場資格を得た主力選手を送り込んでいない。そんな中、調整の意味合いもあり出場してきた五輪でメダルを狙う数少ない世界の強豪を見ると、五輪前最後の公式戦となる男子シングルス第1シードの中国リン・ダン選手と、優勝して五輪に向け勢いをつけたい女子シングルス第1シードのインド、サイナ・ネワル選手、さらには地元期待の17歳のエース、ラッチャノク・インタノン選手が順当に勝ち進んだ

日本選手女子シングルス2回戦、男女ダブルス1回戦の対戦カードは以下の通り

【女子シングルス】 三谷美菜津(世界32位)対パク・ソヨン(韓国、世界219位)、サプシリー・タエラッタナチャイ(タイ、世界36位)対今別府香里(世界62位)、サラキット・ポンサナ(タイ、世界43位)対奥原希望(世界82位)

【男子ダブルス】 廣部好輝・数野健太(世界33位)対ナン・カロン/リー・チュンヘイ(香港、世界116位)

【女子ダブルス】 脇田侑・江藤理恵(世界57位)対チャウ・ホイワー/チャン・フンユン(香港、世界136位)、山田靑子・田崎亜由美対パッチャナト・クラジャンジット/ウォラルータイ・ルアンタナンルク(タイ)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s