Foreign coaches walk away from Malaysia

マレーシアナショナルチームのダブルスコーチを務めていた韓国のユ・ヨンソン氏が、今月初めにマレーシアバドミントン協会(BAM)へ辞表を提出したことが分かった

16日付地元報道によると、シドニー五輪、アテネ五輪の男子ダブルスで2大会連続の銀メダルを獲得したユ氏は、辞意表明の事実を認めた上で、選手を指導する機会を与えられなかったと主張。マレーシアに招へいされた当初から大きく変化したBAMの対応への不満を口にしているという

マレーシアでは先月、同じくダブルスコーチとして長年チームに貢献してきたインドネシアのアトランタ五輪金メダリスト、レキシー・マイナキー氏が、契約期間の途中にもかかわらず辞意を伝え、活動の場をフィリピンに移したばかり

関係者の間では、BAMが、外国人コーチを減らして、マレーシア人コーチを増やす方向へ方針転換したとの話も聞かれる

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: