Great chance for doubles players in Malaysia Superseries (revised)

オリンピックイヤーの第2戦、マレーシアオープンスーパーシリーズ(SS、賞金総額40万ドル)が、10日にクアラルンプールで開幕する

First-seeded KAKIIWA-FUJII @archives

前週の韓国オープンSSプレミアに出場していた、最強の中国ダブルス陣、◆カイ・ユン/フー・ハイファン(男子ダブルス世界ランク1位)◆ユー・ヤン/ワン・シャオリ(女子ダブルス世界1位)◆ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン(女子ダブルス世界2位)――がエントリーしておらず、日本のダブルス陣にとって、高いランキングポイントの獲得につながる上位を狙える絶好のチャンスとなる

中でも、女子ダブルス世界3位の藤井瑞希・垣岩令佳組は今回、初めてSSで第1シードに入り、平常心でプレーできればSS初優勝の期待もかかる。世界ランクは下位ながら、昨年9月のチャイナマスターズSSで優勝した中国ペアとの初戦をどう切り抜けるかが、1つのカギとなりそうだ

日本選手の1回戦の対戦相手は以下の通り

【男子シングルス】 佐々木翔(世界6位)対マーク・ツイブラー(ドイツ、世界15位)、田児賢一(世界12位)対ブーンサック・ポンサナ(タイ、世界18位)、山田和司(世界29位)対シュミツワフ・バハ(ポーランド、世界36位)

【女子シングルス】 佐藤冴香(世界15位)対ピ・ホンヤン(フランス、世界23位)、タイ・ツーイン(台湾、世界16位)対廣瀬栄理子(世界18位)

【男子ダブルス】 平田典靖・橋本博且(世界8位)対チェン・フンリン/リン・ユーラン(台湾、世界23位)、佐藤翔治・川前直樹(世界10位)対インゴ・キンダーバーター/ヨハネス・シュートラー(ドイツ、世界17位)、コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン(韓国、世界4位)対早川賢一・遠藤大由(世界13位)

【女子ダブルス】 藤井瑞希・垣岩令佳(世界3位)対タン・ジンフア/シア・フアン(中国、世界38位)、末綱聡子・前田美順(世界5位)対ウーン・ケーウェイ/フー・ビビアン・カームン(マレーシア、世界21位)、松尾静香・内藤真実(世界6位)対リネ・ダムケーア・クルス/マリー・ロープケ(デンマーク、世界16位)

【混合ダブルス】 池田信太郎・潮田玲子(世界8位)対マニーポン・ジョンジット/サビトリー・アミタパイ(タイ、世界21位)、佐藤翔治・松尾静香(世界22位)対【予選勝ち上がり組】

このほか、混合ダブルスの平田典靖・前田美順組(世界55位)が予選から登場する

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: