Tag Archives: Carolina MARIN

No ChongWei, No Carolina in Paris

フレンチオープンスーパーシリーズ(SS)が25日、パリで開幕したが、前週デンマークオープンに出場した世界トップのうち、男女シングルスの世界ランク1位、リー・チョンウェイ選手とカロリナ・マリン選手がともに体の不調を理由に出場取りやめ。男子ダブルスでも第1シードの中国ペアが欠場しており、SS初優勝の選手を生みやすい大会で、今回もそのチャンスが広がった

Continue reading

Day 9 in Rio : China era of dominance in WS ended by Carolina

リオ五輪バドミントン競技9日目、2000年シドニーから4大会連続で中国が独占してきた女子シングル女王の座に、新たにスペインのカロリナ・マリン選手がついた。非アジア圏の選手がこの種目で金メダルを取るのは初めて。一方、男子シングルス準決勝注目のライバル対決は、マレーシアのリー・チョンウェイ選手が2大会連続金メダルの中国リン・ダン選手を五輪で初めて下し、決勝に進んだ

Continue reading

Nozomi ends runner-up again but proves difference from last year

香港オープンSS決勝、奥原希望選手が現時点における女子シングルスの世界トップと認めるスペインのカロリナ・マリン選手と優勝をかけて戦ったが、惜しくも敗れ、今シーズン2つ目のSSタイトル獲得はならなかった。ただ、マリン選手も試合後、ジュニア時代から知る奥原選手を「同じレベルにいる選手」と指摘し、その実力を認めていることを確認した

Continue reading

Being prepared for final against Spaniard,reigning World champ

香港オープンSS準決勝、女子シングルスの奥原希望選手は、前週に続いてタイのラッチャノク・インタノン選手に勝利し、今大会2年連続の決勝進出を決めた。ただ昨年と異なり、次に控える真の世界トップと認めるスペインのカロリナ・マリン選手との一戦を見据え、表情は緩まなかった

Continue reading

ChongWei back to Superseries podium after Doping suspension

フレンチオープンSS決勝、元世界ランク1位、マレーシアのリー・チョンウェイ選手が、ドーピング違反による8カ月の資格停止処分があけた5月以降、初めてSSの表彰台に立った。最大の敵、中国チェン・ロン選手不在の大会だったが、SSタイトル奪取は昨年6月のジャパンオープン以来。フレンチオープンでは2007、11年に次ぐ3度目の優勝となった

Continue reading