Archive | SingaporeOpenSS2014 RSS feed for this section

Simon regains SS title and confidence after upsetting ChongWei

シンガポールオープンSS決勝、男子シングルスで、ケガに伴う成績不振によりナショナルチームを離れ、今年からプロとして活動を始めたインドネシアのシモン・サントソ選手が、世界ランク1位のマレーシア、リー・チョンウェイ選手をストレートで降し、2012年インドネシアオープンSSプレミア以来、通算では3度目のSS優勝を成し遂げた この日のサントソ選手は、ショットの正確さ、相手をあざむくプレー、集中力など、あらゆる点でリー選手を上回った。ミスも誘発して、第1ゲームを21-15で取ると、続く第2ゲームも序盤から得点を重ねて12-4と大きくリードする。このままでは終われないリー選手に12-10まで追い上げられるが、その後さらに加速し、9連続得点を決め、歓喜の雄たけびを上げた

Continue reading

Ayaka/Misaki can’t make the final for two consecutive years

シンガポールオープンSS準決勝、昨年に続く決勝進出を狙った高橋礼華・松友美佐紀組だったが、今大会第1シードのデンマーク、クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール組に阻まれ、ベスト4にとどまった。第2ゲーム以降、デンマークペアに力で押し切られたようにも見えたが、試合後、2人が敗因としてあげたのは、「やろうとしていたことをやりすぎた」ことだった

Continue reading

No doubt in win : Ayaka/Misaki steps into SF after thrilling victory in QF

シンガポールオープンSS準々決勝、今大会不振の日本勢の中、勝ち残っていた女子ダブルス2組のうち、高橋礼華・松友美佐紀組がこの日も勝って、準決勝に進んだ。1時間30分に及ぶ大接戦となったが、試合後のコメントで、際どい点差にも関わらず、落ち着いて試合を進めていたことが分かった

Continue reading

Good start for Japanese Women,not for Men : Singapore Open SS

シンガポールオープンスーパーシリーズ(SS)の本戦が9日始まり、日本の女子シングルス陣は全員1回戦を突破。幸先の良いスタートを切った。対照的に男子は、調整の遅れから棄権したエースの田児賢一選手を除き、出場した3人がともに初戦敗退となり、来月インドで開催される男子の国・地域別対抗戦トマス杯に向け不安を残した 現在、世界ランクで日本女子シングルス陣のトップに位置する高橋沙也加選手は試合巧者、シンガポールのグ・ジュアン選手に、廣瀬栄理子選手はロンドン五輪銅メダル、インドのサイナ・ネワル選手に、打田しづか選手は世界ランク上位のインドのアルンダティ・パンタワネ選手に、いずれも第1ゲームを先取されながら逆転勝ち。格下相手に順当勝ちした三谷美菜津選手を加えた4人がそろって2回戦に進んだ

Continue reading