Akane, Koharu/Shiho leading SS Finals 2017 qualifiers of Japan

今シーズンのスーパーシリーズ(SS)最終戦、香港オープンを終え、12月開催SSファイナルの出場権獲得者が出揃い、日本からはSSランキング1位の山口茜選手、米元小春・田中志穂組を筆頭に、シングルス2人、ダブルス5ペアが入った。この後、出場意思の確認が行われ、辞退者が出れば、次点以降の選手が繰り上がる

SS No.1) Koharu YONEMOTO / Shiho TANAKA

今回注目は、SSランク1~3位につけながら、国・地域別ごとに付与される最大出場枠2つを最後まで争った女子ダブルスの3ペアだった。まず最初に「脱落」の危機に直面したのが米元小春・田中志穂組。第11戦中国オープン2回戦で相手マッチポイント、14-20の絶対的不利な状況から大逆転で踏みとどまった。米元・田中組は、ファイナル出場を確定させた香港で BadPaL に対し、この時の様子を「14-20となり吹っ切れた部分もあるが、次の1点を取って、2人の集中力が高まった」と振り返った

SS No.2) Sayaka HIROTA / Yuki FUKUSHIMA

続いて、最終戦の香港オープンで瀬戸際まで追い込まれたのが福島由紀・廣田彩花組。SSランク日本3番手で香港に入り、ほかの2ペアより先に、または同じタイミングで負ければ即、「SSファイナルレース」敗退が決まる状況で迎えた初戦、ストレート勝ちした米元・田中組に続く2番目にコートに立ち、ファイナルゲーム14-19と追い詰められる。しかしこの窮地を切り抜け逆転勝利。その後、試合をした高橋礼華・松友美佐紀組が敗れたことで、起死回生の出場権奪取となった

First timer ; SS No.8) Takuro HOKI / Yugo KOBAYASHI

当落線上で最終戦を迎え、最後の地、香港で出場権獲得に成功したのが、男子ダブルスの小林優吾・保木卓朗組と混合ダブルスの数野健太・栗原文音組。小林・保木組はSSランク8位に入り、先に出場権を確保していた同5位、昨年準優勝の園田啓悟・嘉村健士組に次いで、この種目、日本2枠目を得た

Experienced ; SS No.9) Kenta KAZUNO / Ayane KURIHARA

一方、数野・栗原組は今シーズンを混合ダブルスSSランク9位で終えた。しかし上位に中国の3ペアが入っており、1つの国・地域からは各種目2ペアまでしか出場できない規定があるため、8番手に滑り込んだ

ただ、数野選手は全日本総合選手権にエントリーせず、その後に行われるSSファイナルに出場するのかどうか予断を許さない状況で、来月初めの出場意思確認の発表を待つしかない

同様に、全日本総合選手権を1回戦途中で棄権した女子シングルスの奥原希望選手は、8月の世界選手権優勝によりワイルドカード(特別出場枠)を得られるが、出場に向けてはこの先、SSファイナル開幕(12月13日)までの約2週間でどこまで実戦練習を積めるかがカギとなる(※追記:その後、日本バドミントン協会が出場辞退を発表。一方で、カロリナ・マリン選手が出場辞退したことにより、佐藤冴香選手が繰り上がりで出場権を得た)

SS No.1) Akane YAMAGUCHI

女子シングルスにはもう1人、2017年のシーズン通じて、SSで一度もベスト8を外さない安定した好成績を収め、第11戦中国オープンで優勝を遂げた時点でSSランク1位でのファイナル出場を確定させた山口茜選手がいる

17歳の時、出場辞退者が出たことで繰り上げ出場を果たし、タイ・ツーイン(台湾)、ラッチャノク・インタノン(タイ)、ワン・イーハン(中国)と格上ばかりとの一次リーグを全勝で突破しベスト4入りした2014年、次点で出場権を逃した15年をはさみ、SSランク2位で再度出場した16年(結果は一次リーグ敗退)に続き、今回出場を逃した高橋・松友組と並び日本勢最多タイとなる3度目のドバイで、年間チャンピオンのタイトル獲得に挑戦する

◆第12戦終了時点のSSランキング(確定値)。※はワイルドカード(特別出場枠)での出場対象となり得る世界選手権優勝者

【男子シングルス】

1)  ソン・ワンホ (Korea)                   62980 pts

2)  キダンビ・スリカンス (India)                   59500 pts

3)  シー・ユーチ (China-1)                   54380 pts

4)  リー・チョンウェイ (Malaysia)                   54260 pts

5)  チョウ・ティエンチェン (Taiwan)                   54110 pts

6)  ウン・カロン (HongKong-1)                   51400 pts

7)  チェン・ロン (China-2)                   49280 pts

※8)  ビクター・アクセルセン (Denmark-1)                   49050 pts

-----------------------------------

▼次点=9)  ウォン・ウィンキ (HongKong-2)                   45880 pts

【女子シングルス】

1)  山口茜 (Japan-1)                   83710 pts

2)  タイ・ツーイン (Taiwan)                   79420 pts

3)  ソン・ジヒョン (Korea)                   68900 pts

4)  プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ (India)                   68040 pts

5)  ラッチャノク・インタノン (Thailand)                   67720 pts

【出場辞退】6)  カロリナ・マリン (Spain)                   62640 pts

7)  ホー・ビンジャオ (China-1)                   52890 pts

【出場辞退】※9)  奥原希望 (Japan-2)                   48020 pts

【繰り上げ】▼次点=8)  チェン・ユーフェィ (China-2)                   48530 pts

【繰り上げ】▼次々点=10)  佐藤冴香 (Japan-3)                   47530 pts

-----------------------------------

【男子ダブルス】

1)  マルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ (Indonesia)                   86830 pts

2)  マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン (Denmark-1)                   68880 pts

3)  リュウ・ユーチェン/リ・ジュンフェイ (China-1)                   66610 pts

※4)  ツァン・ナン/リュウ・チェン (China-2)                   64070 pts

5)  園田啓悟・嘉村健士 (Japan-1)                   63630 pts

6)  マッズ・コンラド・ペターセン/マッズ・ピーラー・コルディング(Denmark-2)             53510 pts

7)  リー・ジェフエイ/リー・ヤン (Taiwan)                   52310 pts

8)  小林優吾・保木卓朗 (Japan-2)                   46150 pts

-----------------------------------

▼次点=9)  ヘンドラ・セティアワン/タン・ブンヒョン (Indonesia/Malaysia)                   44640 pts

【女子ダブルス】

1)  米元小春・田中志穂 (Japan-1)                   71680 pts

2)  福島由紀・廣田彩花 (Japan-2)                   67190 pts

3)  高橋礼華・松友美佐紀 (Japan-3)                   64930 pts

※4)  チェン・チンチェン/ジア・イーファン (China-1)                   64330 pts

5)  クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール (Denmark)                   56740 pts

6)  チャン・イエナ/イ・ソヒ (Korea-1)                   54570 pts

7)  福万尚子・與猶くるみ (Japan-4)                   47910 pts

8)  チョン・ギョンウン/シン・スンチャン (Korea-2)                   37220 pts

9)  ホワン・ヤチオン/ユー・シャオハン (China-2)                   37010 pts

10)  スー・ヤチン/ウ・ティジュン (Taiwan)                   36300 pts

-----------------------------------

▼次点=11)  グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ (Indonesia)                35280 pts

【混合ダブルス】

1)  ツェン・シウェイ/チェン・チンチェン (China-1)                   58820 pts

【出場辞退】2)  ルー・カイ/ホワン・ヤチオン (China-2)                   57470 pts

【繰り上がり】3)  ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン (China-3)                   52230 pts

※4)  タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル (Indonesia-1)                   52140 pts

5)  タン・チュンマン/ツェ・インシュー (HongKong)                   47620 pts

6)  プラビーン・ジョーダン/デビー・スサント (Indonesia-2)                   46580 pts

7)  クリス・アドコック/ガブリエル・アドコック (England)                   44550 pts

8)  タン・キアンメン/ライ・ペイジン (Malaysia)                   41450 pts

9)  数野健太・栗原文音 (Japan)                   35620 pts

-----------------------------------

▼次点=10)  ワン・チリン/リー・チアシン (Taiwan)                   32360 pts

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: