Day 1 in Rio : Three Japanese pairs win opening matches in their first Olympic

リオデジャネイロ五輪開会式から6日後の11日、バドミントン競技が特設会場リオセントロパビリオン4で開幕し、日本勢は試合のあった五輪初出場のダブルス3ペアが揃って白星発進した。とりわけ、負ければ一次リーグ突破が難しくなる男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組と混合ダブルスの数野健太・栗原文音組が、世界ランク上位の相手から勝ちをもぎ取ったのは大きい

Day 1

Kenichi HAYAKAWA / Hiroyuki ENDO are ready for facing World champ after beating higher ranked Chinese ~photo courtesy of Fumio OTAKA

早川・遠藤組にとって初日は、一次リーグ最大の正念場だった。しかし、過去の対戦成績2勝5敗と負け越している世界ランク上位の中国ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ組にファイナルゲーム、23-21で競り勝ち、2日目に控える金メダル候補、現世界チャンピオンとの対戦を前に貴重な1勝を手にした。これによりあす、9戦して一度も勝ったことがない強豪との10度目の顔合わせに、結果を恐れずがむしゃらに向かっていくことができる

数野・栗原組は、五輪レース期間中の昨年6月、USオープングランプリ(GP)ゴールドで初めて対戦し、逆転で敗れていたオランダペアから第1ゲームを先取。第2ゲームは終盤、点の取り合いとなるが、相手に向きかけた流れを引き戻して、勝利を収めた

一方、女子ダブルス第1シードの高橋礼華・松友美佐紀組は、世界選手権で2011年銅メダル、15年はベスト8に入ったインドのジュワラ・グッタ/アシュウィニ・ポンナッパ組を寄せ付けずストレート勝ち。難しいとされる初戦を危なげなく突破した。なお、このインドペア、4年前のロンドン五輪で銀メダルを獲得した藤井瑞希・垣岩令佳組の初戦の相手も務めていた

日本選手以外では、男子シングルスで史上初の五輪3連覇を狙う中国リン・ダン選手を含む各種目シード勢に波乱なし。ただ、女子ダブルスの「死の組」となったグループBで、2番手に位置するデンマークのクリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール組が3番手の中国ルオ姉妹にストレート負けし、早くも1敗を喫した。デンマークペアは4年前のロンドン五輪でも初日、末綱聡子・前田美順組に敗れ、黒星スタートだった

日本選手1日目(11日)の結果

【男子ダブルス】 ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ(中国)〈18-21,21-14,21-23〉早川賢一・遠藤大由

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(第1シード)〈21-15,21-10〉ジュワラ・グッタ/アシュウィニ・ポンナッパ(インド)

【混合ダブルス】 ヤッコ・アレンズ/セリーナ・ピーク(オランダ)〈14-21,19-21〉数野健太・栗原文音

 

日本選手2日目(12日)の対戦カード

【女子シングルス】 奥原希望(第6シード)対ヴ・ティチャン(ベトナム)、山口茜(第10シード)対クリスティナ・ガブンホルト(チェコ)

【男子ダブルス】 ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、第2シード)対早川賢一・遠藤大由

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(第1シード)対サプシリー・タエラッタナチャイ/プティッタ・スパジラクン(タイ)

【混合ダブルス】 数野健太・栗原文音対フィリップ・チュウ/ジェイミー・スバンディ(米国)

 

◆一次リーグの暫定順位(1日目終了時点。太字はこの日の勝者)

【男子シングルス】

〈グループA〉 【1位】リー・チョンウェイ(マレーシア、第1シード※1勝)【2位】ソレン・オプティ(スリナム※1敗)【―】デレク・ウォン・ジリアン(シンガポール)

〈グループB〉 ―――

〈グループC〉 チョウ・ティエンチェン(台湾、第6シード)、ユーハン・タン(ベルギー)、ミーシャ・ジルバーマン(イスラエル)

〈グループD〉 フ・ユン(香港、第10シード)、パブロ・アビアン(スペイン)、ジャスパー・ユー・ウーンチャイ(ブルネイ)

〈グループE〉 【1位】リン・ダン(中国、第3シード※1勝)【2位】グエン・ティエンミン(ベトナム※1勝)【3位】ウラジミール・マルコフ(ロシア※1敗)【4位】デビッド・オーバーノステレル(オーストリア※1敗)

〈グループF〉 ―――

〈グループG〉 ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、第5シード)、ブリス・ルベルデズ(フランス)、ラウル・ムスト(エストニア)

〈グループH〉 【1位】キダンビ・スリカンス(インド、第9シード※1勝)【2位】リノ・ムニョス(メキシコ※1敗)【―】ヘンリ・フルスカイネン(スウェーデン)

〈グループI〉 【1位】ラジフ・オウセフ(英国、第13シード※1勝)【2位】ペトロ・コーカル(チェコ※1敗)【―】佐々木翔(日本)

〈グループJ〉 トミー・スギアルト(インドネシア、第7シード)、ハワード・シュウ(米国)、オスレニ・ゲレロ(キューバ)

〈グループK〉 マーク・ツイブラー(ドイツ、第12シード)、スコット・エバンス(アイルランド)、イゴール・コエルホ・デオリベイラ(ブラジル)

〈グループL〉 【1位】ビクター・アクセルセン(デンマーク、第4シード※1勝)【2位】ブーンサック・ポンサナ(タイ※1敗)【―】イ・ドンクン(韓国)

〈グループM〉 【1位】ウン・カロン(香港、第11シード※1勝)【2位】マーティン・ジューフレ(カナダ※1敗)【―】ペドロ・マーティンズ(ポルトガル)

〈グループN〉 【1位】ソン・ワンホ(韓国、第8シード※1勝)【2位】ジェイコブ・マリエカル(南アフリカ※1敗)【―】アルテム・ポチタロフ(ウクライナ)

〈グループO〉 ―――

〈グループP〉 【1位】チェン・ロン(中国、第2シード※1勝)【2位】アドリアン・ジオルコ(ポーランド※1勝)【3位】ケビン・コルドン(グアテマラ※1敗)【4位】ニルカ・カルナラトネ(スリランカ※1敗)

------------------------------------

【女子シングルス】

〈グループA〉 【1位】カロリナ・マリン(スペイン、第1シード※1勝)【2位】ナナ・ヴァイニオ(フィンランド※1敗)【―】リネ・ケアースフェルト(デンマーク)

〈グループB〉 ―――

〈グループC〉 ソン・ジヒョン(韓国、第7シード)、リャン・シャオユ(シンガポール)、デルフィーヌ・ランサック(フランス)

〈グループD〉 【1位】カースティ・ギルモア(英国、第11シード※1勝)【2位】サブリナ・ジャケ(スイス※1敗)【―】リンダ・ゼッチリ(ブルガリア)

〈グループE〉 【1位】リ・シュエリ(中国、第3シード※1勝)【2位】アイリス・ワン(米国※1勝)【3位】リアン・タン(ベルギー※1敗)【4位】テルマ・サントス(ポルトガル※1敗)

〈グループF〉 ―――

〈グループG〉 【1位】サイナ・ネワル(インド、第5シード※1勝)【2位】ロヘイニー・ビセンテ(ブラジル※1敗)【―】マリア・ユリティナ(ウクライナ)

〈グループH〉 【1位】ポーンティップ・ブラナプラサーツク(タイ、第12シード※1勝)【2位】ウェンディ・チェン・スアンユ(オーストラリア※1敗)【―】ケイト・フー・クナ(モーリシャス)

〈グループI〉 ベ・ヨンジュ(韓国、第13シード)、オルガ・バイラク(トルコ)、ジャニーヌ・チコニーニ(イタリア)

〈グループJ〉 奥原希望(日本、第6シード)、リンダウェニ・ファネトリ(インドネシア)、ヴ・ティチャン(ベトナム)

〈グループK〉 山口茜(日本、第10シード)、ティー・ジンイ(マレーシア)、クリスティナ・ガブンホルト(チェコ)

〈グループL〉 【1位】ラッチャノク・インタノン(タイ、第4シード※1勝)【2位】ケイティ・トルモフ(エストニア※1敗)【―】イップ・プイイン(香港)

〈グループM〉 【1位】プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド、第9シード※1勝)【2位】ラウラ・サロシ(ハンガリー※1敗)【―】ミッシェル・リ(カナダ)

〈グループN〉 【1位】タイ・ツーイン(台湾、第8シード※1勝)【2位】エリザベス・バルダフ(オーストリア※1敗)【―】ナタリア・ペルミノワ (ロシア)

〈グループO〉 ―――

〈グループP〉 【1位】ワン・イーハン(中国、第2シード※1勝)【2位】クロエ・マギー(アイルランド※1敗)【―】カリン・シュナーゼ(ドイツ)

------------------------------------

【男子ダブルス】

〈グループA〉 【1位】イ・ヨンデ/ユ・ヨンソン(韓国、第1シード※1勝)【2位】ウラジミール・イワノフ/イワン・ソゾノフ(ロシア※1勝)【3位】ツァイ・チアシン/リー・シェンム(台湾※1敗)【4位】サワン・セラシン/マシュー・チョウ(オーストラリア※1敗)

〈グループB〉 【1位】フー・ハイファン/ツァン・ナン(中国、第4シード※1勝)【2位】ゴー・ウェイシェム/タン・ウィーキョン(マレーシア※1勝)【3位】ミハエル・フックス/ヨハネス・シュートラー(ドイツ※1敗)【4位】フィリップ・チュウ/サッタワト・ポンナイラト(米国※1敗)

〈グループC〉 【1位】キム・サラン/キム・ギジョン(韓国、第3シード※1勝)【2位】マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク※1勝)【3位】クリス・ラングリッジ/マーカス・エリス(英国※1敗)【4位】シュミツワフ・バハ/アダム・ツファリナ(ポーランド※1敗)

〈グループD〉 【1位】ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、第2シード※1勝)【2位】早川賢一・遠藤大由(日本※1勝)【3位】ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ(中国※1敗)【4位】B.スミース・レディ/マヌ・アトリ(インド※1敗)

------------------------------------

【女子ダブルス】

〈グループA〉 【1位】高橋礼華・松友美佐紀(日本、第1シード※1勝)【2位】セリーナ・ピーク/イーフィア・ムスケンス(オランダ※1勝)【3位】サプシリー・タエラッタナチャイ/プティッタ・スパジラクン(タイ※1敗)【4位】ジュワラ・グッタ/アシュウィニ・ポンナッパ(インド※1敗)

〈グループB〉 【1位】チョン・ギョンウン/シン・スンチャン(韓国、第4シード※1勝)【2位】ルオ・イン/ルオ・ユー(中国※1勝)【3位】クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク※1敗)【4位】パウラ・リン・オバニャナ/エバ・リー(米国※1敗)

〈グループC〉 【1位】グレイシア・ポリー/ニトヤ・クリシンダ・マヘスワリ(インドネシア、第3シード※1勝)【2位】ウーン・ケーウェイ/フー・ビビアン・カームン(マレーシア※1勝)【3位】ヘザー・オルバー/ローレン・スミス(英国※1敗)【4位】プーン・ロクヤン/ツェ・インシュー(香港※1敗)

〈グループD〉 【1位】ー・ヤン/タン・ユエンティン(中国、第2シード※1勝)【2位】チャン・イエナ/イ・ソヒ(韓国※1勝)【3位】ガブリエラ・ストエバ/ステファニ・ストエバ(ブルガリア※1敗)【4位】カーラ・ネルテ/ヨハナ・ゴリツェウスキ(ドイツ※1敗)

------------------------------------

【混合ダブルス】

〈グループA〉 【1位】ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ(中国、第1シード※1勝)【2位】プラビーン・ジョーダン/デビー・スサント(インドネシア※1勝)【3位】リー・チュンヘイ/チャウ・ホイワー(香港※1敗)【4位】ミハエル・フックス/バージット・ミシェルズ(ドイツ※1敗)

〈グループB〉 【1位】ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、第4シード※1勝)【2位】シュー・チェン/マー・ジン(中国※1勝)【3位】クリス・アドコック/ガブリエル・アドコック(英国※1敗)【4位】ロベルト・マティウシアク/ナディエズダ・ジーバ(ポーランド※1敗)

〈グループC〉 【1位】タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル(インドネシア、第3シード※1勝)【2位】チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア※1勝)【3位】ボディン・イサラ/サビトリー・アミトラパイ(タイ※1敗)【4位】ロビン・ミドルトン/リアン・チュウ(オーストラリア※1敗)

〈グループD〉 【1位】コ・ソンヒョン/キム・ハナ(韓国、第2シード※1勝)【2位】数野健太・栗原文音(日本※1勝)【3位】ヤッコ・アレンズ/セリーナ・ピーク(オランダ※1敗)【4位】フィリップ・チュウ/ジェイミー・スバンディ(米国※1敗)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: