【XD】 Defending champ Yunlei focusing on another Mixed Gold

XD No.1-2

ZHAO Yunlei / ZHANG Nan of China @archives

【リオ五輪展望1】 混合ダブルスの金メダル最有力、中国ツァン・ナン(26)/ツァオ・ユンレイ(29)組は五輪レース期間中、世界選手権優勝のほか、上位大会スーパーシリーズ(SS)で3勝を挙げ世界ランク1位、そして第1シードを確保した。さらに、◆2011年世界選手権優勝◆12年ロンドン五輪金メダル◆14年アジア大会優勝◆14―15年世界選手権2連覇――と、実績でも他を圧倒する

加えて、今月25日で30歳になるベテラン、ツァオ・ユンレイ選手が同じく出場資格を得ていた女子ダブルスを捨て、1種目に専念。五輪2大会連続金メダルに向け万全の態勢で臨む

追いかけるのは、いずれも30代のベテランを擁するインドネシアのタントウィ・アーマド(29)/リリアナ・ナッチル(30)組とデンマークのヨアキム・フィッシャー・ニールセン(37)/クリスティナ・ペダーセン(30)組。しかし両ペアともこの1年、SS1勝のみと追撃が期待できる結果を残せていない。その間隙を縫って急浮上してきたのが韓国コ・ソンヒョン(29)/キム・ハナ(26)組だ

XD No.2

KIM Hana / KO SungHyun of Korea @archives

1996年アトランタ五輪のキム・ドンムン/キル・ヨンア組、2008年北京五輪のイ・ヨンデ/イ・ヒョジョン組に次ぐ、この種目韓国3つ目となる金メダル獲得のチャンスをうかがうコ・ソヒョン/キム・ハナ組は、五輪レース中盤以降調子を上げ、デンマーク、フランス、シンガポールとSSで3勝。世界ランクを1年前の8位から2位まで引き上げ、一躍メダル候補に名乗りを挙げた

日本からは数野健太選手(30)と栗原文音選手(26)がともに初出場。アトランタ五輪混合ダブルス銀メダルの日本代表ヘッドコーチ、パク・ジュボン氏から指導を受け、2015年5月男女混合団体戦スディルマン杯での本格デビュー後1年で五輪出場切符をつかんだのは見事。冷静に見て、メダル候補と呼ぶのは不相応だが、上位ペアと互角に渡り合える潜在力を有しているのは実証済み。前回ロンドン五輪で一次リーグ敗退(1勝2敗)に終わった池田信太郎・潮田玲子組を超える一次リーグ突破(2勝1敗以上)を果たし、次代のペアの東京五輪メダル獲得へと道をつなげる、日本の混合ダブルスにとって次なる一歩を刻めるかが焦点となる。その意味では初戦、世界ランク上位のオランダペアを倒し白星発進できるかがすべて、ともいえる

XD-J+

Kenta KAZUNO / Ayane KURIHARA of Japan @archives

◆混合ダブルスの日程(※日本ペアの試合)

【11日】 一次リーグ1試合目

※ヤッコ・アレンズ/セリーナ・ピーク(オランダ)対数野健太・栗原文音

【12日】 一次リーグ2試合目

数野健太・栗原文音対フィリップ・チュウ/ジェイミー・スバンディ(米国)

【13日】 一次リーグ3試合目

※コ・ソンヒョン/キム・ハナ(韓国、第2シード)対数野健太・栗原文音

【14日】 決勝トーナメント1回戦(準々決勝)

【15日】 準決勝

【16日】 3位決定戦(銅メダル確定)

【17日】 決勝(金、銀メダル確定)・表彰式

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: