19 Japanese to face tough opponents in 1st round of 104th All England

104回目を数える全英オープンスーパーシリーズ(SS)プレミアが現地時間の4日、英国・バーミンガムで開幕した。日本からは、ナショナルチームA代表の20人〈https://badpal.net/2013/12/22/10-men-and-10-women-selected-as-new-squad-of-japan/〉がそろってエントリー。シニア大会への出場回数が少なく世界ランクが下位にとどまっているため予選からの出場となり、台湾パイ・ユーポ選手に21-13,19-21,18-21で敗れた山口茜選手を除く19人が、5日の1回戦に臨む

五輪/世界選手権に次ぐ上位大会のため、初戦から厳しい組み合わせが並ぶが、日本勢の注目は、世界ランク1ケタ台の男子シングルス田児賢一選手、男子ダブルス早川賢一・遠藤大由組、女子ダブルス高橋礼華・松友美佐紀組。中でも世界3位の早川・遠藤組は今大会第2シードに入り、昨年に続いての決勝進出、さらには今年の目標に掲げるSS初優勝を狙う

第3シードの高橋・松友組は、前週のドイツオープングランプリ(GP)ゴールド優勝の勢いに乗って、同じ第3シードから1回戦負けを喫した昨年の雪辱を果たした上で、悲願のSS初優勝の機会をうかがう。第5シードの田児選手は1、2回戦を取りこぼしなく勝ち上がり、順当にいけば準々決勝で待つ第4シードのヤン・ヨルゲンセン選手(デンマーク)、さらに準決勝で第1シードのリー・チョンウェイ選手(マレーシア)を倒して、準優勝した2010年を超える結果を目指す

ほかにも、女子シングルスの高橋沙也加選手と男子ダブルスの園田啓悟・嘉村健士組は、優勝した前週のドイツオープンGPゴールドで破った格上との初戦を突破して、勢いを持続できるかが上位進出のカギとなる

日本選手1回戦の対戦カード

【男子シングルス】 田児賢一(世界5位)対カシャップ・パルパリ(インド、世界18位)、桃田賢斗(世界15位)対キダンビ・スリカンス(インド、世界21位)、上田拓馬(世界17位)対スー・ジェンハオ(台湾、世界29位)、佐々木翔(世界23位)対ウォン・デレク・ジリアン(シンガポール、世界50位※予選勝ち上がり)

【女子シングルス】 ベ・ヨンジュ(韓国、世界6位)対高橋沙也加(世界13位)、ワン・シーシャン(中国、世界4位)対廣瀬栄理子(世界15位)、三谷美菜津(世界16位)対イップ・プイイン(香港、世界22位)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界3位)対リュウ・チェン/カン・ジュン(中国、世界54位)、ツァイ・チアシン/リー・シェンム(台湾、世界10位)対園田啓悟・嘉村健士(世界15位)、平田典靖・橋本博且(世界17位)対シュミツワフ・バハ/アダム・ツファリナ(ポーランド、世界21位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界4位)対グ・フイリン/グ・フイアン(マレーシア、世界23位)、前田美順・垣岩令佳(世界9位)対チャウ・ホイワー/プーン・ロクヤン(香港、世界215位※予選勝ち上がり)、樽野恵・新玉美郷(世界36位)対デラ・デスティアラ・ハリス/アンギア・シッタ・アワンダ(インドネシア、世界49位)

【混合ダブルス】 クリス・ラングリッジ/ヘザー・オルバー(英国、世界16位)対早川賢一・松友美佐紀(世界18位)、ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ(中国、世界1位)対橋本博且・前田美順(世界22位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: