Ayaka/Misaki wins no crown but confidence after 4th final in SS events

Runner-up

Even 4th consecutive loss to Chinese in SS events final never make Ayaka/Misaki’s fighting spirit weakened

マレーシアオープンSSプレミア決勝、高橋礼華・松友美佐紀組が、4度目のSSプレミア/SS決勝で初のタイトル獲得に挑んだが、ゲームカウント1対2で惜しくも敗れ、悲願達成は4たび次回以降に持ち越しとなった。ただ今回は、優勝した中国ペアも認める確かな成長を証明。高橋、松友両選手自ら、負けはしたものの決勝のパフォーマンスに満足感と自信を得て、次なる挑戦へ意欲を見せた

*乱立する速報サイトとの質の上での差別化を進めるため、今後、これ以降は会員向け別頁への掲載となる予定です

高橋・松友組はこれまでSS以上の大会で、◆2012年デンマークオープンSSプレミア◆2013年マレーシアオープンSS◆2013年シンガポールオープンSS――の3度決勝に進んた。しかしそれぞれ、マー・ジン/タン・ジンフア組、ティエン・チン/バオ・イーシン組、ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組といずれも中国ペアの前に屈し、準優勝に甘んじてきた。今回の対戦相手タン・ジンフア/バオ・イーシン組は、昨年10月にペアを結成してから出場した6つの国際大会(SSプレミア1大会、SS3大会を含む)すべてで優勝している負けなしのペアだ

Ayaka / Misaki

Ayaka / Misaki lost,but fought well against unbeaten TANG Jinhua/ BAO Yixin

第1ゲームは、先行する中国ペアを高橋・松友組が追いかける展開。17-20と先にゲームポイントを握られた後、19-20まで追い上げ流れは日本ペアに傾いた。次のプレーでネット前に上がったチャンスボールを松友選手がプッシュするがネットにかかり、惜しくもこのゲームを落とす。第2ゲームは、日本ペアが中盤抜け出す。レシーブで相手を動かしミスを誘発。攻撃も積極的に仕掛けて得点を重ね、21-14で取り返す。ファイナルゲームは、日本ペアがいきなり5連続得点を決めるなど、6-1とリードを奪う。しかしすぐに地力に勝る中国ペアの追い上げに遭い、前半を9-11で終える。後半、長いラリーを制するなどして13-14と1点差まで迫るが、ここから中国ペアを勢いづかせてしまい、一気に7連続得点を決められ13-21で力尽きた

表彰式後に BadPaL の取材に応じた高橋選手は、「負けて悔しいし反省すべき点はあるが、4度の決勝の中で最もパフォーマンスが良かった」と語った。松友選手は、「落ち着いて試合に臨め、相手の動きも良く見えていた。(第1ゲーム最後のポイントを、プッシュをネットにかけるミスて失った場面は)悔しかったが、向こうがリードしていて追い上げているところだったので、次のゲームへの影響はさほどなかった」と振り返った。第2ゲームを奪い返して迎えたファイナルゲームではスタートダッシュに成功しリードを広げたが、勝ちが頭をよぎることはなかったか尋ねると、「中国ペアは昨年、香港オープンSSで前田美順・垣岩令佳組に16-8と8点差をつけられながら逆転で勝利した。リードしていても勝ちを意識することはなく、追いつかれないようにと考えていた」(高橋)と答えた。連続得点を許した最後の場面については、「中国ペアが攻撃の形を戻したことに対応できず、相手のペースに持っていかれてしまった」(松友)と説明した

結果として2年連続で準優勝に終わったが、昨年に比べると、「今年は初戦から強豪ぞろいの相手を連日打ち破って勝ち上がったことで、自信を得た」という。4度目の決勝で中国ペアにあと少しのところまで迫る試合ができたことで、SSで優勝したいという気持ちがこれまで以上に強まったか聞いたところ、「SSで優勝している中国やデンマークのペアは常に決勝に進んでいる。それに対し自分たちはまだ年に2回ほど。ベスト8からベスト4に上がるところで敗れることも多い。優勝というより、まずはベスト4入り、さらにはベスト4から決勝進出という結果をコンスタントに残していきたい」と答えた。高橋・松友組は直近の目標として、昨年1回戦負けと結果を残せなかった全英オープンSSプレミア(3月4~9日)でのベスト4を掲げている

一方、優勝したタン/バオ組はこれで、大会連勝記録を7(SSプレミア2大会、SS3大会を含む)に伸ばした。ただ優勝後の記者会見では、「今回の決勝が一番きつい試合だった」と述べ、高橋・松友組との実力差が縮まってきていることを認めた

LEE ChongWei

LEE ChongWei’s mission accomplished

男子シングルスはマレーシアのリー・チョンウェイ選手が、自国開催の大会で節目の10勝目を目指し、インドネシアのトミー・スギアルト選手と対戦した。第1ゲームはスギアルト選手の素晴らしいパフォーマンスに終盤までリードを許す。しかし18-19から3連続得点を決め逆転でこのゲームを取ると、続く第2ゲームは一気に加速。世界3位のスギアルト選手に何もさせないまま11-4で前半を終える。後半に入ってもリー選手の勢いは止まらず、21-9で完勝。準決勝で中国バオ・チュンライ選手に敗れた2007年(優勝はデンマークのピーター・ゲード選手)を除いて、21歳で出場した2004年大会から数えて10回目となる優勝を成し遂げ、涙を流した

リー選手は表彰式後の記者会見で、10回目の優勝がかかった今大会で感じたプレッシャーの大きさを訴え、勝って肩の荷が下りたとコメント。その上で、マレーシアオープンへの出場はこれで最後とし、全英オープンSSプレミア、トマス杯、世界選手権、アジア大会など主要大会への出場を経て、年内にも引退する可能性を示唆した

MD winner

New hope appears in MD of Malaysia

この日は男子ダブルスでも、ノーシードから決勝に進んだリム・キムワー/ゴー・ウェイシェム組が、準決勝で早川賢一・遠藤大由組を倒した中国ペアにストレート勝ちし、マレーシアに2つ目のタイトルをもたらした。マレーシアバドミントン協会(BAM)が前日、ペア解消を決めた、この種目を長く引っ張ってきたベテラン、クー・ケンケット/タン・ブンヒョン組の2010年優勝に続く快挙で、世界で勝てる後継者の出現にマレーシアの観客とメディアは大いに沸いた

WS winner

World No.1 LI Xuerui bagged her first Premier title in 2014

中国は、男子ダブルスのタイトルこそ逃したものの、高橋・松友組を下した女子ダブルスのほか、女子シングルスと混合ダブルスで勝ち、合わせて3種目を制した。女子シングルスは、前週の韓国オープンSSへの出場を回避しマレーシアオープンが今年最初の大会となった世界1位のリ・シュエリ選手が、ロンドン五輪で中国3つ目の出場枠を争ったワン・シーシャン選手に快勝。今シーズンをSSプレミア優勝でスタートさせた。混合ダブルスでは、中国2番手のシュー・チェン/マー・ジン組がディフェンディングチャンピオンのデンマーク、ヨアキム・フィッシャー・ニールセ ン/クリスティナ・ペダーセン組をフルゲームの末に破り、連覇を阻止すると同時に、前月敗れたSSファイナル準決勝のリベンジを果たした

決勝の結果

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)〈21-19,21-9〉トミー・スギアルト(インドネシア、世界4位)

【女子シングルス】 リ・シュエリ(中国、世界1位)〈21-16,21-17〉ワン・シーシャン(中国、世界4位)

【男子ダブルス】 リム・キムワー/ゴー・ウェイシェム(マレーシア、世界17位)〈21-19,21-18〉ホン・ウェイ/チャイ・ビアオ(中国、世界20位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界4位)〈19-21,21-14,13-21〉タン・ジンフア/バオ・イーシン(中国、世界11位)

【混合ダブルス】 シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界3位)〈21-11,17-21,21-13〉ヨアキム・フィッシャー・ニールセ ン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、世界4位)

 

この大会期間中、BadPaL は2回目の試みとして、事前に受け付けた読者からの質問を直接、選手にぶつけた。日本選手が多く勝ち上がり、地元メディアから通訳の依頼も増え多忙だったこともあり、今回は以下の質問を、男子シングルスの田児賢一選手と女子シングルスの山口茜選手に聞いた

貴重な時間を割いて質問に快く応じてくれた両選手にあらためて感謝したい

【Q】 ストリング(ガット)のテンションは/大会に何本くらいラケットを持っていくか

田児賢一選手:37・35ポンド(※縦横で違い)/7本前後。10本には届かない

山口茜選手:23ポンド/5本

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: